Aチーム 10:00 AM
<試合結果>
FCJ 3 - 3 Moroccan Astoria Lions

得点 新崎1 PK(3)、安西1(1)、二宮1(2)
アシスト 新崎1(1)
注()内はシーズン通算

<メンバー>
FW 鶴見
MF 二宮(→小杉)、新崎(→津田)、清水(→安西)、卯木、戸田
DF 前川、Alex、David(→山田籐)、赤澤
GK ライル

<試合経過>
前半1分 新崎のスルーパスに鶴見が抜け出して相手DFと競りながら放ったシュートはGKの正面。
前半4分 相手陣内右サイドを持ち上がった戸田からのパスに中央の卯木がダイレクトでシュートを放つもGKの正面へ。
前半5分 センターバックと右サイドバックの間を突破されてセンタリングを入れられる、中央で受けた相手のぼてぼてシュートは飛んだコースがよくゴールに転がり込んでしまう0-1。
前半14分 左サイド相手陣内、赤澤がワンタッチで軽く落としたところに鶴見が走りこんでダイレクトシュートを放つがGKのナイスセーブで止められる。
前半17分 左サイドから新崎がするするとドリブルで抜け出してPA近くまで進みシュートを打つもGKの正面。
前半28分 戸田が相手ボールを奪い左サイドの新崎へ預け、さらに中央の鶴見につなぎシュートを放つがゴールポストに当たり惜しくもゴールならず。
前半31分 左サイドを突破されゴール前にグラウンダーのセンタリングを入れられるがGKライルが体を伸ばして何とか止める。
前半32分 左サイドのスローインから卯木、前川とつなぎゴール前に入ったセンタリングを鶴見がダイレクトボレーで合わせるがまたもやGKのナイスセーブにゴールならず。
前半33分 清水Outで安西がそのまま右MFの位置へ入る。
前半35分 左サイドの二宮から中央でセンタリングを受けた新崎がドリブルでPA内に入ったところを相手DFに倒されてPKを獲得、新崎がこれを冷静に決めて同点に追いつく1-1。
前半44分 左サイドからの速攻、卯木が持ち上がり一度中央に入れて再度左サイドの二宮へスルーパスが渡る、二宮のシュートは一度GKに止められるが、相手クリアボールを奪った安西が右サイドからシュートを決めて逆転2-1。
前半終了 シュートを積極的に打つも相手GKの好セーブになかなか得点を奪えず、早い時間帯に失った1点が重くのしかかる。失点後のDFは相手の裏を狙うロングボールに上手く対応して決定機を作らせず落ち着いて対応していた。攻撃は左サイドを中心に中央とのパス交換からセンタリングなどチャンスを多く作り出していた。終盤でようやく同点、逆転と得点が決まりいい流れで前半を終える。

後半開始 清水が右MFに戻り、トップ下の新崎に代わって津田、左MFの二宮に代わって小杉が入る
後半5分 Davidが相手と交錯して負傷退場、山田藤がボランチに入り、戸田がセンターバックへ下がる。
後半8分 右サイド清水からのセンタリングに鶴見がヘディングで合わせるがGKに止められる。
後半9分 左サイドから相手のセンタリングが入る、抜けたら大ピンチだったが赤澤がスライディングでナイスクリアー。
後半10分 相手に左サイドを突破されるがDavidが追いつき何とかクリアー。
後半13分 津田Outで二宮がそのままトップ下に入る。
後半16分 左サイドで相手のドリブル突破にPA内でファールを取られPKを与えてしまう。これを決められて同点に追いつかれてしまう2-2。
後半20分 中央から相手がスルーパスに抜け出してGKと1対1になるもライルが飛び込んでこれを止める。
後半30分 右サイドで二宮とのパス交換から鶴見がセンタリングを入れる、ファーサイドに走りこんだ小杉がダイレクトで合わせるもゴールの枠を捉えられず。
後半35分 右サイドを鶴見が持ち上がり中央の新崎へつなぎ逆サイド相手DFの裏へセンタリングが入ったところに二宮が詰めてゴールネットを揺らす、再びリードで3-2。
後半43分 右サイドから相手の速攻を許し突破される、DFが戻って追いつくもかわされてシュートを決められてしまい3-3。
後半終了 前半の終盤と同様にFCJペースで試合は進むが微妙な判定のPKで同点に追いつかれてしまう。その後焦ることもなくパスをつなぐサッカーを続けてチャンスをたくさん作り、終盤のいい時間帯でようやく勝ち越しのゴールが決まる。このまま試合を終わらせたかったが、最後に相手のカウンターが見事に決まり土壇場で同点に追いつかれてしまう。

<試合雑感>
・前半は左サイドからの攻撃を中心に、二宮と新崎のパス交換から前線の鶴見へセンタリングといった形がとても有効に機能していました、今後も攻撃の一つのパターンとして定着させましょう。逆の右サイドの選手にはセンタリングへの詰め、攻撃から守備に移った際にいち早く相手にプレッシャーをかける等といったことが求められてきます。

・DFラインはAlexの声とDavidの体を張った守備に支えられ、今シーズンAチーム初先発だった前川、赤澤の両サイドバックも相手の突破をよく抑え込んでいたと思います。ボールを奪いに行くのか、簡単にクリアーでいいのかといったちょっとした読み違いが失点を生む原因となるので、今後はこういった状況判断の向上を意識して練習に取り組みましょう。

・リーグ戦初参戦のカズ、トーキチ君、センジュ君、AB両チームの試合で合計90分以上のプレー本当にお疲れ様でした!


羽生田

DSC_0252.jpg
Secret

TrackBackURL
→http://fcjnewyork.blog138.fc2.com/tb.php/99-0e70a3aa