CPR 2 - FC Japan 1(リョウ)

CSL vs CPR2
他のFCJ写真はコチラ

出だしから試合がフィジカルになることは予想されており、土曜日の練習場のような人工芝ではなく、土と草の凸凹フィールドではいつもFCJパス回しサッカーが出来なかった。

前半は安藤さんのシュートでGKを試してみたが、最終的には0-0で後半を迎えた。

後半立ち上がりには左サイドの展開からミキヤのシュートが相手の手に当たり、PKをゲット。

これには最後の試合となるリョウが任され、自身満々のシュートでサイドネットを揺らした。

これをきっかけにFCJは波に乗れるかと思えば、逆に動きに乱れが見え始めた。

相手のラフなプレー、リードを無くしたくない、時間稼ぎなどに気が行ってしまい、パスの数が少なくなったしまった。

懸命に守るFCJだが、体力の差が見え始めたころに相手のCKからヘディングで決められ同点。

その後は相手の攻撃を防ぐのがやっとになり、攻撃に回ってもロングボールか、FWD一枚のリョウにあて、カウンターに
掛ける大勢しか見れなかった。

最後には相手のゴールの前の執念に心が折られ、シュートからのこぼれ球を押し込まれ、逆転負け。

良い点:
・ 思った以上に相手のフィジカルについていけた。
・ 何度か小さいスペースの中でもパスの連携が出来た。
・ 点を決めた。

悪い点・修正点:
・ スタミナ切れが最後に目立った。←皆さん空き時間に少しでもサッカー、ランニィングして下さい。
・ チームとして試合中の声が少ないことにより、周りの選手とコミュニケーションが取れていない。
・ 審判に講義する前に守備位置を確認する必要がある。
・ 相手のラフプレー、悪口には乗らず、FCJのサッカーを90分やりとうそう。
・ サイドチェンジを増やし、こっちの流れをもう少し作り、相手の守備を崩すべき。
・ 「功」から「守」への切り替えが遅い。

最後になりましたが、皆さんも大切な日曜日の4時間程FCJのために使われているのでもっと盛り上げて「勝ちたい」と言う気持ちを持ってプレーしましょう。

この間の試合中にはとても暗い感じがして、「早く終わって欲しい」と言う不陰気がどうしても感じてしまいました。
せっかくの週末サッカーなので、精一杯頑張って、試合に勝ちたいと言う強い・熱い気持ちを持ってプレーしましょう。

シゲ
Secret

TrackBackURL
→http://fcjnewyork.blog138.fc2.com/tb.php/34-a751609e