CSL後期第6節を戦いました。
以前に比べ、A,Bともに攻撃の機会が増えたもののチャンスを活かせず、敗戦。
得点力の差が出た試合でした。

18425351_1512742648798517_2276797507347916100_n.jpg

18425047_1512742938798488_7701239917872767410_n.jpg

18446576_1512742935465155_1024052535342891355_n.jpg

18403183_1512742545465194_5920483581930754696_n.jpg

Bチーム
※スコア 0-3

※スタメン
FW:生駒
MF:ツワン/マイキー/鷲尾/薗田/中村
DF:カイ/茂古沼/大塚/宇田
GK:二宮
途中出場:古市/ハンセン/伊藤/江守

※敢闘賞
1位:生駒
2位:大塚、中村

※コメント
1.中村武:あらゆる場所で顔を出して、広角にボールを回す事で攻撃のリズムを作った。味方への指示も的確で、チームのリーダーとして引っ張った
2.生駒:裏への飛び出しとポストプレーで何度もゴールを襲った。攻撃の流れを幾度となくこっちに引き寄せてくれた。
3.大塚:前半にセンターバックをやって、ディフェンスラインをまとめた。おかげでディフェンスの動きが良く、前半は失点を最小限に抑えた

1.たけさん:中盤の底でシンプルなプレイと前線へのピンポイントのロングボールで攻撃の起点になっていた。
2.かい:キャプテンとして声を出しながら、最後まで足を止めず、よく戦いきった。
3.まいきー:トップ下ながら激しいチェイスでボールを良くとり、オフェンス時はパスの受け手として良く動いて顔を出していた。次回は前を向いて触る機会を増やし、ゴールに繋げて欲しい。

1 宇田: 相手の背中にくっ付いて前を向かせないプレーを徹底していた。
2 生駒: 試合前にコーチからのゲキを受けストライカーとして点を取りたい気持ちが伝わった。意表をついたシュートはクロスバーに当たりゴールしたにもかかわらずレフリーのミスジャッジでNo Goal.それでもシュートを打てば入ることを証明した。
3 カイ: キャプテンとしてチームを引っ張る意識で試合に臨みチームのモチベーションを上げた。後半ミスしたこともあり少し元気が無くなったがそれまでのプレーは完璧だった。

1.キヨさん:常にゴールを意識したプレイは流石の一言。ボールをもらう前のバックルック等、細かい技術面も是非とも参考にしたい。後はゴールネットを揺らすのみ。次の試合
に期待。
2.ゆうたろうさん:久しぶりの試合に関わらず、闘将っぷりは健在。ディフェンスラインに安定感をもたらしていた。
3.にーにょさん:本職では無いにも関わらずキーパーで活躍。チームを鼓舞する声出し、的確なコーチングはチームの組織力を高めていた。

1.ゆうたろう:久しぶりの参加でもボールを奪う能力は改めて凄いと思った。ボールを奪ってからのパスの正確性が上がれば最高。
2.モコ:積極的ディフェンスで前に出て相手にプレッシャーをかけしっかりと対応出来ていた。
3.生駒:ゴール疑惑の惜しいシュートも有り、攻撃の起点としての負担も大きい中で守備でも貢献。

1.生駒:終盤になってもボールを最後まで追いかけチャンスを作り出していた。
2.カイ:キャプテンの任務を意識してチームをリード。これまでより指示の声がよく出ていた。守りも粘り強さが出て成長している。
3.二宮:A出場控えながら多くの時間をGKで出場し、後ろから指示の声も出していた。本来であれば彼の声だし、指示をできる限りBのDFからなされることが望ましい。

1.清さん: 前線での運動量も多く、相手も嫌だったはず。その後の試合でもキーパーをこなすなど、チームのために犠牲になってくれていた。
2.武さん: サイドの裏へ出すパスと後ろでのつなぎは安定感があり、チームの舵取り役になっていた。
3.宇田さん: サイドバックからサイドハーフへのパスで見せ場を作るなど、良いプレーが多かった。

1.マイキ:攻守の要、中盤守備においても激しくチェース、フィジカルも大分戻ってきてチームにフィットしてきている
2.ユウタロウ:最後尾で安定感発揮、声も良く出て守備をコントロール
3.キヨ:前線からのチェース、決して諦めない意識、姿勢すばらしい。


Aチーム
※スコア 0-2

※スタメン
FW:島野
MF:二宮/上野/菅野/ケンジ/伊藤
DF:江守/橋詰/池之上/佐々木
GK:生駒
途中出場:こーじ

※敢闘賞
1位:生駒
2位:佐々木
3位:ケンジ

※コメント
1.二ノ宮:右サイドからクロスを継続的に上げて、チャンスを何度も作った
2.橋爪:ディフェンスで最後の砦として来た球は跡形もなく処理して、ピンチなどに落ちない状況を作ってくれた
3.島野:負傷で止む無く途中離脱したが、フィジカルとスピードを兼ね備えたプレイスタイルは相手に脅威を与える

1.けんじ:DF時のボール奪取だけでなく、中盤の底から左右サイドの展開、縦への供給で攻撃のリズムを作っていた。またキャプテンとし良く回りに声を出していた。
2.ゆうたろうくん:久々の参加と思えない程、良く動き回り、これまで通り、ガットゥーゾばりにボールを狩りまくっていた。
3.かんの:右左、中盤やDFとポジションを変わりながらも自分の特徴を活かした攻撃力でチームに貢献していた。

1佐々木: 右サイドバックから何度も相手ゴール前までオーバーラップしてあわやゴール寸前までチャンスを作り出していた。相手にとっては脅威!
2大塚: A&B両試合出場でFCJ No1 のフィジカルの強さを証明。久しぶりの参加でまだ自陣で縦にボールを出すことが多くもっとサイドにボールをちらすことを意識して欲しい。
3生駒: ゴールキーパーとして出場してくれ完璧にこなし感謝!2失点はしたがプロでも止められないフリーキックから壁を超えてのゴールとサイドネットに突き刺さるゴールだった。

1.佐々木:前半は積極的な攻め上がりで何度もチャンスを作った。守備もほぼ完璧に対応。
2.生駒:ゴールキーパーで安定感有り、スローイングも良かった。
3.けんじ:中盤で運動量豊富に攻守ともに貢献。得点につながる決定的なプレーを期待したい。

1.キヨさん:Bの試合に続いてキーパーでフル出場。久しぶりのキーパーにも関わらず、略完璧だった(FKは致し方無し)。この様なユーティリティプレイヤーの存在はFCJ
において非常に貴重。
2.うえぽん:ボール運ばせても体負けしない、パスさせてもシンプルなワンタッチでの落とし等、今となってはFCJの攻撃に欠かせない選手。特に彼のシンプルな落としプレイに
回りがついてくること(もらう前にパスコースをイメージしておくこと、そして第三者も動き出すこと)で今後攻め方にアクセントが生まれてくるはず。今後の連携深化に期待。
3.池さん:前試合に続き、慣れていないポジションとは思えない活躍。相方のセンターバックを選ばない活躍ぶりは、彼の日頃のチームメイトの観察力、コミュニケーション力の
成せる技。センターバック経験は今後のサッカー人生においても活きてくるはず。

1.生駒:急造ポジションを引受けながら再三ピンチも救う活躍。
2.佐々木:全般的に落ち着いた守備。攻撃に参加する姿勢も見られてチャンスへの絡みも好感。今後は更に積極的に指示の声を出して欲しい
3.ケンジ:相手の攻撃の目を摘み、体力も最後まで衰えず、安定感が出てきた。

1. 池ちゃん:相手のシュートにも体を寄せ、ヘディングの競り合いにおいても果敢だったし、つなぎのパスなどでチームに安定をもたらしていた。
2. ウエポン:運動量も多く、シンプルだがとても効果的なプレーが多かった。怪我が重くないことを祈ります。
3. えもりん:相手に背負われてのプレーが多かったが対人プレーがよかった。GKもありがとう。

Secret

TrackBackURL
→http://fcjnewyork.blog138.fc2.com/tb.php/261-ef4f92b9