4/29、リーグ後期第5節を戦いました。
30度近く気温が上がったNYでA,Bともに熱い戦いを繰り広げました。
Bは2-2, Aは0-0と共に引き分けに終わりましたが、どちらも優先に試合を展開出来ていただけに悔しい引き分けになりました。

18221735_1500075026731946_2732991539786609086_n.jpg

18199093_1500074866731962_5235816546676612551_n.jpg

18198702_1500072683398847_1043897263617350678_n.jpg

18221820_1500072763398839_3533346228055337897_n.jpg

18300935_1500074136732035_2039980771350584457_n.jpg

Bチーム
※スコア 2-2
得点:ツワン/薗田

※スタメン
FW:生駒
MF:ツワン/マイキー/レイ/薗田/常泉
DF:鷲尾/茂古沼/羽生田/宇田
GK:ライル
途中出場:古市/ハンセン

※敢闘賞
1位:薗田
2位:羽生田
3位:生駒

※コメント
1. スティービー:サイドバック、センターバックとやりこなし、安定感。キックもナイス。ディフェンスでボールを回す際等に次にボールが来ること及びどこにフィードするかを事前予想して落ち着いたプレーができればなおグッド。
2. 古市さん:前回よりゴール付近でボールに絡み、あわや1点のシーンは悔やまれる。守備のポジショニング、動きを改善すればチームへの貢献度は更に上がるか。また常にチームを前向きに守り立て、マッサージや差し入れや縁の下でも支えてくれている。
3. 龍:後半やや息切れしたが相手の攻撃の目を摘む地道な守りと時折インターセプトからカウンターを狙った攻撃も光った。

1羽生田:今シーズン初参加。長年FCJを支えてきただけあってモコさんとのコンビネーションがよくシーズンで一番良いディフェンスラインの統率を撮ったのは流石。今後の参加にも期待!
2そのP:声を出して皆に指示を出し闘志がみなぎっていた。ゴール正面ペナルティーエリア外からの地をはうよなゴール左下へのシュートは圧巻!ボランチらしい点の取り方でポジショニングがよかった証拠だ!
3生駒:キャプテンとしてチームを勝利まであと少しの所までまとめた。結果同点で1ポイントゲット出来たことはリーグ戦ではとても大きい!アシストも素晴らしくチームの核になっている。

1.ハニュウ 久々の参戦も最終ラインで安定感抜群でした。
2.龍:中盤の底で献身的な守備で奮闘
3.そのP:中盤底で球際への強さを見せ、貴重な追加点も

1.生駒:先制点につながったスルーパスは素晴らしかった。いつも通り運動量豊富で攻撃の中心として貢献。
2.薗田:落ち着いて決めた追加点は見事なゴールだった。
3.常泉:最後まで運動量が落ちずに走りきった。

1.園田:ナイスゴール。中盤で攻守にわたり光ってました。90分続ける体力強化をお願いします。
2.Tsewang:Got the first goal!Improving positioning for defense as well. Hope you'll get more stamina to play 90 minutes.
3.レイ:2点目の契機となるセンタリングは良かった。体格のデカイ外人相手にボールを取られない等の"慣れ"が必要。あと、"ゲームを組み立てる"という意識を強く持てれば、もう少しボールを回せてチームとしてのチャンスの幅が広がるはず。

1.はにゅう:鉄壁のディフェンス!インターセプト、ヘディングからカバーリングまで全てをこなしていた。
2.Tsewang:Continuously running off the ball into good positions and it paid off! Great goal!
3.キヨ:いつもながらチームの攻撃の拠点になっていた。トラップを足元からもう少し離れた所に置けるともっと繋ぎやすくなるかもしれない。あとはボランチやサイドが更に距離を縮められれば良いカウンターができるはず。

1.そのさん:中盤でのつなぎ役、声を出してチームの統率、ゴールと一人三役の大活躍。
2.きよさん:いつも通りの豊富な運動量を活かした前線からの守備だけでなく、アシストでもチームに貢献。そろそろゴールが欲しい!
3.はにゅうさん:久々の参加とは思えない安定感。DFに落ち着きをもたらした。


Aチーム
※スコア 0-0

※スタメン
FW:島野
MF:二宮/上野/コージ/大江/ケンジ
DF:江守/仁/池之上/佐々木
GK:ライル
途中出場:菅野/レイ

※敢闘賞
1位:池之上
2位:ケンジ
3位:仁

※コメント
1.池之上:慣れないCDFだったが、声も出し大きく走り負けもせず安定感もあった。守備だけでなく前線へのフィードはチームとしての武器にできる。
2.コウジ:リーダーシップは皆も参考にしても良い。運動量も衰えず、再三チャンスを作り出した。
3.ケンジ:ブランクあるかと思いきや運動量もそれ程落ちず、バランス良くプレー。今後はボールをサイドにはたくことを意識して攻撃の基点・チャンスを生み出す動きを期待。

1池之上:自身初めてのセンターバックを完璧に勤め上げた。指示もしっかり出しジンと共にディフェンスを安定さし攻撃へのスイッチにもなっていた。無失点で終われたのは彼のおかげ。
2江守:相手の決定期から失点を防ぎ無失点に貢献。高い位置でプレーすることも増えてきた。アシストにも期待!
3Lyle:He made some good saves even he played two full games. He took care of larger area behind out defense line at right timing. Good job!

1.Lyle: Good saves!!
2.菅野:初のサイドバックで献身的な守備に加え随所に技術の高さを見せた。
3.江守:安定した守備で相手の決定機も阻止。

1.池ノ上:仁とうまくバランスを取り、最終ラインからチームメートへのポジション修正の的確な指示(声出し)、無失点の立役者、押し上げられた相手ラインの裏への正確なロングクロスで決定機も演出
2.仁:スピード、読みの良さで完璧な対人プレー見せ完封
3.ユウ:ゴールへ向かう縦へのスピード、強引なプレーは相手の脅威になっていた。あとは決めるのみ

1.ケンジ:攻守ともに光っていた。特にボール奪取が素晴らしかった
2.池ノ上:ディフェンスが安定した&DFラインからの正確なキックも効果的だった。攻守の要。DFがチームにとって、とっても良さそう。
3.コウジ:最後まで落ちない運動量、決定的なクロス等チームに貢献。キャプテンシーも良かった。

1.けんじ:身体をしっかり当て何度も相手の攻撃を潰していた。攻撃も冷静に繋げたり、裏へのパスも狙うなどして良い判断をしていた。今後のアシストに期待!
2.じん:相変わらずの身体能力でディフェンスの要となっていた。楔へのパスもちゃんと狙い攻撃のスイッチを入れていた。
3.いけ:守りでは後ろからの声出しでチームのバランスを取り、攻撃では持ち前のロングフィードでチャンスを作っていた。

1.じんさん:持ち前の高い身体能力を駆使し、センターバックとして大活躍。足元もしっかりしているので、DFラインでのボール回しも安定した。
2.いけちゃん:慣れないセンターバックながら、無失点試合に大貢献。またセンターバックから両サイドへのロングボールでチャンスを演出するなど攻撃面でもタクトを振っていた。
3.けんじ:ボランチとして攻守に貢献。ボールを奪ってからの前線への早いボール供給はチームに良い攻撃のテンポをもたらした。




Secret

TrackBackURL
→http://fcjnewyork.blog138.fc2.com/tb.php/259-a5e3155f