10/2、公式戦第4節を行いました。
Bチームは、後半残り少ない時間で失点し惜しくも0-1で敗戦。
Aチームは、1-4と負けたものの、これまでにない攻撃的なサッカーで惜しい場面を多く作りました。
次節こそ、両チーム揃って、今期2勝目を!


14572814_1209789195760532_2509709566211984536_n.jpg


14581506_1209789842427134_1803049891419511417_n.jpg

14572282_1209789192427199_6095283398242675498_n.jpg

14523006_1209789832427135_5297236268872876128_n.jpg

14495442_1209790812427037_4365696482806665335_n.jpg

14470382_1209790869093698_5243480505955252394_n.jpg

※Bチーム
スコア0-1

スタメン
FW:生駒
MF:タッド/薗田/大江/鷲尾/安田
DF:ユキ/茂古沼/奥瀬/宇田
GK:二宮

途中出場
大久保/橋詰/ユキ/ホンダ/かずま/めじま/ハンセン/古市/川端

敢闘賞
1位:橋詰
2位:安田
3位:奥瀬

コメント
1.くぼじゅん:攻守ともに安定したプレー。
2.ヅメ:センターバックでディフェンスを支えた。
3.ゆき:サイドバックで奮闘。

1. おくせ:怪我での交代は残念だが、確実に守備の要となっていた。
2. やすだ:高いテクニックで、中盤に落ち着きをもたらしていた。
3. くぼじゅん:絶妙なポジショニングと豊富な運動量で、何度もピンチを凌いでいた。完全復活か?

1.づめ:途中出場ながら、DFラインをよく統率していた。
2.かずま:パス、ドリブル、シュートと高いレベルのプレー。惜しいシュートも。
3.おくせ:怪我で退場するまでは体をはった良いDFだった。早い復帰を求む。

1.安田:フィジカルも大分フィットしてきて守備の時間長い中、ディフェンスリーダーとして奮闘
2.大江:中盤のキープレーヤーに。1対1球際でも厳しいチェックを継続

1.生駒:惜しい場面を何度も演出
2.たっど:厳しくディフェンスをし、ボールをとっていた
3.園田さん:声を出しチームを引っ張っていた。

1.メジマ:高い身体能力の黒人相手に必死に食らいつき自由にさせなかった。大きな声で受け答えしチームの士気を上げるのにスーパー貢献!!有り難う!
2.Hansen:He did not understand team strategy in first half, but after he was told what to do, he perfectly performed for defense. Also he created some chances too! Great job!!!
3.奥瀬:完璧!モコさんを自分より前で相手の背中につかし、カバーリングを意識してバランス良く守れてました。頼もしかった。素敵やん!

1.くぼじゅんさん:要所要所で相手の攻撃を摘み取っていて、最後の最後まで0?0となった試合に大きく貢献していた。
2.やす:キャプテンをしっかり勤めていた。
3.カズマ:前線でスルーパスや抜け出してからのシュートなど、惜しい場面を何度も。

1.はしづめ:センターバックとして落ち着いたプレーを見せた。カバーリングも素晴らしかった。
2.奥瀬:うまくボールを処理し、相手の攻撃を防いだ。怪我に気をつけ、安定して出場して欲しい。
3.かずま:中盤でのボールの持ち方がうまく、攻撃の起点となった。

1.橋詰:初出場ながら、随所で効果的なカバーリングが見られた。
2.かずま:キレとスピードのあるドリブルで見せ場を作った。一対一で決められていれば。。
3.二宮:FKを止めた時のセービングは圧巻。後方やピッチ外からのコーチングでも貢献。

1.ハシズメ君:裏のスペースをケアしつつ、体を張って相手をはね返していた。
2.もこさん:体を張ったディフェンスで最小失点で抑えることに貢献していた。
3.安田:キャプテンとして全体を統率していた。

1.安田:キャプテンとして慣れないなりにチームを牽引。試合中の声を出し、闘志を見せていた。
2.橋詰:堂々とした初戦デビュー。カバリングが非常に効いていた
3.二宮:コンスタントに声を出し、満身創痍でナイスプレーを連発

1.橋詰:ストッパーとして、数多くのピンチを防ぐナイス対人&カバーリング。
2.奥瀬:怪我を抱えながらも出場しようとするガッツ。
3.目島:個人能力で勝る相手に必死に対応。



※Aチーム
スコア1-4
得点:島田
アシスト:鶴見

スタメン
FW:川端
MF:小鹿/鶴見/二宮/伊藤/池之上
DF:江守/河西/カズ/佐々木
GK:大坪

途中出場
島田/菅原/安田/大江/かずま

敢闘賞
1位:伊藤
2位:川端
3位:生駒/島田

コメント
1.江守:競り合いで相手に体を当てて守り自由にさせていなかった。
2.川端さん:ポストプレーは抜群。あとは得点に期待。。。
3.佐々木さん:スピードを生かした守備。

1. バタさん:確実なポストプレーが、チームに好影響を与えていた。
2. ケイ:中盤での正確なキープと中距離パスが、攻撃の起点となった。
3. ニーニョさん:攻守共に、判断力が素晴らしい。相手チームにとって、嫌な存在であり続けた。

1.ケイくん:つなぎ役として良く走り、ポジショニングのズレなどのカバーもしていた。
2.イケちゃん:裏を狙ったロングパスで、攻撃の起点になっていた。
3.グリ:復帰戦で調子は良くなさそうではあったが、しっかりゴールを決めた。

1.伊藤ケイ:中盤の底で地味ながら潰し役としてハードマークを徹底
2.川端さん:厳しいマークを受けながらもしっかりボールキープ出来、惜しいシュートも数本あり
3.バンビ:地味ながら左サイドでほぼ完璧な守備でしっかりボールを繋げる

1.ささきさん:約束どおりにサイドでボールをとっていた。
2.かわばたさん:ボールを繋ぐべく前線で体を張っていた。
3.いとうさん:声を出してみんなを統率、ボールをキープ。

1.伊藤:100点バランスをとるのが上手く論理的にプレーしているのが素晴らしい。押し上げがもう少し早くしてくれれば120点!
2.安田:チームに馴染んで来たのがよくわかりました。腰の痛みに耐えながらAB両方で高いテクニックを披露した。
3.川端:チームNo.1のトラップ技術で何度もゴールチャンスを作っていた。シーズン初ゴールは目前!シュートのタイミングを早めればゴール量産間違いなし!

1.バタさん:ワントップで厳しいチャージを受けてもしっかりとマイボールにしてくれていて、攻撃の起点になっていた
2.コウジさん:最後まで運動量が落ちず、アシストも。
3.ニーニョさん:試合中の声だし、戦術の共有、ピッチ内外でチームのために行動していた。みんな見習うところは多い。

1.川端:神トラップが光り、何度もシュートチャンスを作った。
2.伊藤:休暇あけながら、運動量は豊富で、何より落ち着いていた。
3.池之上:適宜ボールを散らすと共に、戦術面での声だしがよかった。

1.伊藤:適切なポジショニングでチームのバランスを取り、パスコースに顔を出し続けて、ボールを動かしていた。
2.川端:前線でボールをおさめる・ファールを誘うなど、ワントップの仕事を効果的にできていた。
3.河西:ボールを跳ね返すだけでなく、インターセプト・ドリブルで持ち上がるなど、前に出てのプレーも目立った。

1.きよさん:今回もBで出場にもかかわらず、AでGKとしてフル出場。相変わらずの鉄人ぶり。
2.にーにょさん:サイドに追い込んでボールを奪う、というチームコンセプトを体現してくれた。
3.島田:サイドからのドリブルの仕掛けが良いアクセントになっていた。

1.伊藤:守備では穴を埋め、前線にも良くフィード。非常にバランス良くプレー
2.トシ:90分、安定した守備とオーバーラップが効いていた
3.小鹿:前に抜ける動きも再三見られ、良くボールに絡んでいた。

1.島田:光る得点と縦への意識。
2.生駒:キーパー不在を支える貴重なセーブ。
3.江守:チームの士気をあげる一発目の当たりの強さ。


Secret

TrackBackURL
→http://fcjnewyork.blog138.fc2.com/tb.php/248-c1b1b473