■試合結果:
Bチーム 0-5敗退 得点者:なし
Aチーム 2-3敗退 得点者:徳元、大木

■総括:
非常に悔しい2試合でした。Bは決定機を何度か作るものの結果は0-5敗退。Aは前半1-0で折り返すものの、その後のシーソーゲームの結果、2-3敗退。
どちらも惜しい試合だったけど、惜しいで終わらせたくない気持ちがそれ以上に強く残った試合でした。
前期も残り2試合。まずAチームは1勝しよう。Bはもう一つ勝ち点を取ろう。Aで1勝、Bで1ポイントを合言葉に残り2試合を戦いましょう。

まずBチームですが、個々の動きは非常によくなっていると思います。特に中盤は守備の際のプレスのタイミングと相手との距離感が良くなってます。攻撃の際もパスを出すタイミングやパスコースの選択がよくなってきたと感じました。
改善点はコミュニケーションの量。ハーフタイムや試合後はせいじを中心に積極的に議論していたけど、試合中も同じように話してリアルタイムに改善していけると、大量失点は防げると思う。誰も正解は知らないので自分の考えをぶつけていきましょう。多少きついことを言ったとしても、そんなことで気で悪くするような選手はFCJにはいません。

Aチームは個・組織ともにいい動きが出ていました。前半の守備は集中力が高く、前半30分からの危ない時間帯も落ち着いて処理できていたと思います。一つのポイントはマークの受け渡し。お互いに声を掛け合い、確実にマークを受け渡せてました。またボールを取った後も無意味なロングフィードを控え、中盤やFWに預けられるところは確実に預けて、攻撃の起点になっていたと思います。前線にボールが渡った後も、ダイレクトまたは数少ないタッチで裏に抜ける選手を使ったりとチームでイメージしている形を随所に作れていたと思います。
改善点は意識面での約束事の徹底。特に2失点目はこちらの得点後かつリスタート時。最も気を付けないといけない場面で見事に得点されてしまいました。ここは上手い下手関係なく改善できるところですので、うるさい位にお互い声を掛け合って集中力を高めましょう。

1試合は90分。当たり前だけどその中にはチャンスもピンチもあり、メンバーの負傷もあります。
様々な場面を日頃からイメージして、落ち着いて対処できるように精進していきましょう。

(洋一郎)

■敢闘賞投票(敬称略)
Bチーム:
1位 ヨシタケ
2位 Lyle
3位 せいじ

Aチーム:
1位 大木
2位 徳元
3位 中村洋
Secret

TrackBackURL
→http://fcjnewyork.blog138.fc2.com/tb.php/220-0f170e76