NY Supreme戦に引き続き、NY Ukrainians戦も大敗でした。Bチーム: 0-8、Aチーム:1-9。

ここで投げ出すことが愚の骨頂であることは皆さんご承知のとおり。その証拠にこの試合を機に公式/非公式にいろいろな意見が出てきています。どん底を楽しんでこそのFCJ。これはとてもいい傾向でぜひ皆さんの意見を取り入れながら、次に進みたいと思っています。

出てきた意見を踏まえて、6つの約束事別にNY Ukrainians戦を振り返ります。

---

▽守備
・守備三原則:インターセプト、トラップ狙い、限定(飛び込まない)
→この約束事はだいぶ浸透してきました。ただ3つ目の「飛び込まない」我慢が出来ずに飛び込んでしまうシーンを散見します。特にDFが飛び込むのは絶対ダメです。例外はファールで止めに行くときくらいです

・取られた人が最初のディフェンダー
→この約束事もかなり浸透してきましたが、人によってムラがあります。グランド上での厳しさは大歓迎ですので、実践できていない人がいたら遠慮なく指摘しましょう

・相手陣内でボールを取り切る。相手SB・ボランチへの厳しいプレス
→意識としては浸透してますが実践にはまだ改善の余地があります。ポイントは自分のマークにボールが入ったときの位置。あと半歩でいいので相手の近くに詰めてください。「寄せる」ではなく「詰める」イメージです。うまくいけばインターセプトも出来るはず

▽攻撃
・攻撃三原則:シュート、スペースへのパスと裏への動き、FW/トップ下へのくさび
→シュートはまだ少ないですが確実に増えてます。もっと増やしましょう。今期の得点の半分はロングシュートです。スペースへの動きはかなり出てきましたしボールもいいタイミングで出ていると思います。

改善すべきは3つ目のくさびの入れ方。特にビルドアップする時のくさびの入れ方はパターン化しましょう。下記のとおりです。
1. センターバックがサイドに広がりボールを受ける。このときサイドバックを前に押し出す
2.高い位置でサイドバックがボールを受ける。センターラインとペナルティエリアの間でセンターライン寄りが理想
3. サイドバックは前のスペースが空いていればスペースへ、空いていなければトップ下やFWのくさびに入れる。いずれにするかFW/トップ下が要求してください。また、くさびは低くて早いボールを意識してください。
4. サイドバックがスペースにもくさびにも出せないと判断したら、ボランチやセンターバックを介してサイドチェンジしましょう。そしてまた1からやり直しです

・連動した動き。くさびにボールが入ったら、SMFがトップの裏、SBがライン際のスペースを狙う
→上記3でくさびに入ったときの動きです。ここは前述のとおり結構出来ていると思います。ただ疲れてくると、FWやトップ下が落とす先が無いことや、落としても裏への飛び出しがないことがあります。FW/トップ下は体を入れて、SMFやSBのあがりを待つようにしてください。無理に前を向こうとする必要はないです

・ディフェンスはこぼれ球、二次攻撃に備えた押し上げ
→これはできていると思います。むしろ前に行き過ぎる時があるので、センターバック・ボランチはつねにカウンターを意識して、前のめりになり過ぎないように気をつけましょう。

▽意識
さらに意識面でも心がけたいことがあります。これは誰でも出来ることですので、ぜひ実践しましょう。
・前後半の最初と最後の10分はハッキリしたプレーをする
・得点/失点後の5分は特に集中力を高める
・フリーキック、コーナーキック等は続いたときは特に集中力を高める

---

上記全てを頭に入れるのは難しいと思います。ひとつでいいので次の試合で気をつけてみて、もう一歩チームとして強く上手くなりましょう。

それと最後に改めてお伝えしますが、今期のテーマはサッカーを最高の娯楽として極めることです。
これだけのメンバーがいると「楽しんだ結果として勝敗がある。まずは楽しもう」という方と、「やるからには勝つ。たとえ負けたとしても、その取り組みが楽しい」という大きく二つの価値観があると思います。でもこれは対立するものではなく鶏と卵の関係だと思います。
FCJはそれを理解したうえで、楽しさと勝負の両方にこだわり、娯楽としてのサッカーを極めていきます。

以下、出席メンバーと敢闘賞投票結果です。

■メンバー
○Bチーム;
CF:小幡
SMF:大塚、カイ
CMF:Dusan、たいすけ
V:福田
SB:宇田、マサキチ
CB:モコ、淀
GK:Lyle

サブ:ジン、よう、トシ、高田、はが、たけ、にーにょ、原、徳

○Aチーム
CF:石井
SMF:にーにょ、高田
CMF:徳さん、たけ
V:Orion
SB:トシ、はが
CB:よう、淀
GK:原

サブ: 大塚、ジン、福田、マサキチ、カイ、たいすけ、なお、モコ、小幡、宇田

■投票結果
○Aチーム
1位 Orion
2位 中村武
3位 高田

○Bチーム
1位 大塚
2位 Dusan
3位 淀
Secret

TrackBackURL
→http://fcjnewyork.blog138.fc2.com/tb.php/219-e78b9a5a