■試合結果:
Bチーム 1-3敗退 得点者:大塚
Aチーム 1-7敗退 得点者:石井

■総括:
第4戦での1勝1分から一転、NY Supreme戦は見事な敗戦でした。Bチームは1-3、Aチームは1-7。両チーム合計で10失点と歴史的とさえ言えます。
正直監督としての責任は感じますし、DFとしても非常に悔しい試合でした。

ただ、誤解を恐れずに言えば、とても嬉しい試合でもありました。
まずA/Bともに後半は全員がゴールへの意識を前面に出し、そして得点したこと。1本1本のパスに意図が感じられ、メンバー間の連携・連続した動きが見れました。またこぼれ球への寄せも早く、厚みのある攻撃が出来ていました。これこそFCJが目指す攻撃の形であり、それを強豪相手に見せれたことは大きな前進です。
またハーフタイムでの議論も素晴らしかったです。サッカー経験の年数に関わらず、考えながら試合に出場/観戦していれば何かしら言いたいことが出てくるはず。結果的にそれが誰かをけなす事であっても、それを吸収するだけの懐の深さをチームが持っていれば、勇気を持ってそれを発する意義のほうが大きいと思います。これからもぜひ活発な意見出しをお願いします。
そして最後に、参加メンバーが本気で悔しがったり、がっかりしていたこと。第4戦のように盛り上がるのもいいですが、こうやって本気で悔しがれるのもこのチームでサッカーすることの良さだと思います。プロでも無く、生活がかかっているわけでもないのにこれだけの喜怒哀楽を経験できる場があることは幸せだと思いました。

これで前半5試合が終了。Bチームは2勝3敗(11チーム中8位)、Aチームは3敗2分(11チーム中11位)。シーズン後半も強豪との対戦が続きます。まずは体調を整えて、Bは勝ち越しを、Aはまず1勝を目指して頑張りましょう!(中村洋)
Secret

TrackBackURL
→http://fcjnewyork.blog138.fc2.com/tb.php/218-24cdc5ff