両チームとも大敗でしたが、これもリーグ戦のたった一試合、人生の一幕にしか過ぎません。
気持ちを切り替えて、次戦に向けて、良い準備をしていきましょう。

振り返りと敢闘賞投票の結果は以下の通りです。

■Bチーム戦評 0-5
得点を取られたシーンは、完璧に崩されたというよりも、寄せが甘かった理由から個人で打開され、簡単に振り切られたシーンだったので、個々の意識をもう少し高く持てば、数点は防げたシーンが散見されました。
また、一番感じた/共有したいことは、“ボールの進め方”です。いくつもの選択肢があるなかで、ダイレクトでプレーするのも、2タッチ3タッチ掛けてプレーするのも、その時々の状況によって良し悪しは変わってきます。 試合を想定した日々の4-2、5-2などの練習に置き換えて考えてみると、試合または左記の練習に関わらず、いずれのケースにおいても、取り組むべきテーマは同じになるはずですので、普段から試合を想定した練習への取り組みを個々で実践していきましょう。(徳元)

CFW: 小林
CMF: 赤澤、福田
SMF: 国友、古市
V: 島野
CB: 市原、茂古沼
SB: ハガ、宇田
GK: 原

■Aチーム戦評 0-5

完敗でしたが、学ぶことの多い試合でした。なぜなら彼らがFCJのやりたい事を実践していたからです。

非常にメリハリのあるプレスをかけ、ボールを取った後の展開や裏への抜け出しが早かったです。FCJも裏への抜け出しやインターセプトへの意識など、少しずつ浸透している面もありますが、まだまだ未完成です。昨日参加した方はShamrockを一つのロールモデルとして、今後の戦い方のイメージを膨らましていきましょう。



6つの約束事の中で特に改善すべきと感じたのは、相手SBへのプレスです。相手SBにプレスをかけるのはFCJのSMFです。ただこれはSMFだけが気をつけても出来ることではありません。SMFが思い切って前に出てプレスをかけられるような状況をDFやボランチ、トップ下が作り出す必要があります。次の試合ではここを特に意識して戦いましょう。


それともう一つ気になったのはハーフタイム以降の判断力の低下です。これは私もそうですが、後半になると体力が落ちてつい、楽なこと、最初に思いついたことを選択するようになり、結果的に読まれやすい判断をしがちです。昨日の失点も全て、判断ミスでボールを奪われた後に速攻され失点しています。体力・筋力をつけるのは簡単ではありませんが、判断力(つまり脳)は睡眠や当日・ハーフタイムの栄養補給で補えるとことでもあります。幸運にもまた8試合あります。ぜひいろいろ試してみましょう。(中村洋)

CFW: 高田
CMF: 鶴見、石井
SMF: 二宮、赤澤
V: 徳元
CB: 中村洋、中村直
SB: 小島、ハガ
GK: ライル
Secret

TrackBackURL
→http://fcjnewyork.blog138.fc2.com/tb.php/215-fe96eded