12/12/10 vs Ridgewood Romac(ルーマニア)との試合レポートです。
前期終了、大変お疲れ様でした。
皆様の協力の下、無事に前期試合を終える事ができました。有難うございます。
後期は4月より始まります。3ヵ月間、怪我の治療、体力つくりに励んでください。
毎週土曜日の練習は、年中無休で行います。奮ってご参加下さい。
また、サッカー好きな人を見つけたら、是非是非勧誘してください。経験、未経験は問いません。

小幡

162936_110686982337431_106551796084283_88393_3249626_n.jpg
他の写真はコチラ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<Bチーム 2-1>

豪雨強風を衝いて マッカランに先乗りしたFCJ20有余の益荒男振りに臆したか、遅着の色白ルーマニア軍監督の意気上がらず、戦わずして白旗を掲げる弱腰振りは リーグ史に100年の恥辱を残した。
小幡監督 武士の情けにて FCJ2点 Romac1点の帰着

こんどだけは これで許してやることにした
(文責 モコ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<Aチーム 2-0>

メンバー
GK:ライル、DF:マエカワ、ハニュウ、クサカ、アンドウ
MF:タカオ、セイジ、チヒロ、FW:シゲ、リョウ、ニーノ
交替:タテザワ、ヤマダ、ノリ、カズ

雨には強い...そう感じるのは僕だけでしょうか。

現時点、最下位から3番目で迎えた今週末の試合。
Ridgewoodは下から2番目でもあり、負けて絶対はいけない状況。

最初から相手は引き分け・カウンターで一点狙いの感じを漂わせていたが、いい感じでスタートしたFCJの攻撃はサイドからの崩し、スルーパス等バリエーション豊かに攻め続け、相手のDFにプレッシャーをかけ続けた。
何度もシュートチャンはあるが、決まらない、、。前半30分にはシゲからのセンタリングパスをリョウがピンポイントのシュートを最後にニーノが押し込んでリードを取ったと喜んでいたら、ビックリするオフサイド判定。 

前半は相手が審判と喧嘩しながら終わると思えば、FKを蹴ろうとしているチヒロが突然のイエロー。
唖然としたFCJはそのまま意味不明な感じでハーフタイムを迎えた。

後半開始は相手に押されている状況だったが、何とか相手の波をしのいだところ、FCJの時間が来た。
相手の疲れが見え始めると一緒にFCJの攻撃陣にスペースが出来て、トップのタカオを中心にボールが回され、鮮やかな攻撃が数々展開。チャンスは数え切れない程あったなか、やっとゴールネットを揺らしたのがリョウのジャンピングボレーだった。右サイドを駆け上がったシゲがセンタリングしたボールをタカオがうまくスルーし、リョウが飛び込んだ。
1-0で気を許せない中、守備はマン・ツゥ・マンで相手フォーワードを押さえ、ラスト5分には点を取ったリョウが今度アシスト。
右サイドからの低いセンタリングをタカオが決め、前期最後の試合は2-0で笛が鳴った。

試合内容としては攻撃はバリエーションがあり、機能していたが、守備はもう少しコミューニケーションをとり、ラインをはっきりするのが今後の課題と感じます。

しかし、前期最後の試合でようやく相手を「0 」で押える事が出来て、この二週間で大きくFCJは進歩したと実感しています。

メンバーが毎週末変わる中、2連勝出来た事一つの大きな理由は皆さんの頑張りと参加です。

最後の試合となったタカオにはFCJ2010年前期最終ゴールを決めたと言う記念を持って気をつけてお帰り下さい!

皆さん、前期本当にお疲れ様でした! 怪我されている方々はゆっくり、しっかり治してから復帰して下さい!

(文責 シゲ)
Secret

TrackBackURL
→http://fcjnewyork.blog138.fc2.com/tb.php/17-1f2e92fa