去る12月4日どんぶり屋にて、園田しのぶ(そのP)・ゆう子夫妻及び中筋タカオ(タカオ)、の合同送別会が3氏の帰国を惜しむ多くの人々が集まる中盛大に行われました。

47637_108906539182142_106551796084283_74002_2851435_n.jpg
(他の写真はコチラ

久々に登場した船戸氏の一芸に始まり3氏を中心に入部時の話から帰国後の予定など話は尽きない中、タカオ、そのP、ゆう子さんからお別れの挨拶、小幡監督、館澤前監督による記念ボールの授与及び挨拶、ニーニョ、中村タケから挨拶、そして恒例の胴上げのあと解散となりました。

そのPには入部以来、FCJ主催による各種イベントのスーパーバイザー役としてだけでなく、我がクラブが世界に誇る歌って踊れるエンターテイナーとして各種イベントのおおとりを努める等、クラブの顔として長年活動して頂きました。神業の如き切り返しの鋭い突込みと話題豊富なトーク、突然繰出されるダンス(かなり研究していると見られる)はしばしば部員を爆笑の渦に巻き込み土曜日の練習に楽しいひと時を提供してくれました。サッカーでは重心の低い安定したドリブルとトリッキーなフェイントで何度も相手ディフェンダーを手玉に取っていたのが印象的です。また観客を常に意識した魅せるプレーで何度もベンチを沸かしてくれました。もう一度見たい!

スピーチの途中で部則にFCJの意義が全て書いてあると教えてくれたのは前監督の館澤氏ですが、その部則の創案者であるそのPはFCJがより多くの人の心の拠り所となることを願い、自らの行動をもって常にその目的を実行しようと心掛けていたのですね。本当に頭が下がる思いです。部員は部則を必読すべし!

「ニューヨークにおいて、サッカーを愛する日本人がサッカーを楽しむことができる環境を未来永劫提供し続けることを不変の目的とする」

名文です!

園田(旧姓:加藤)ゆうこさん、多くの人はご存じないと思いますが、実はFCJとの関わりはかれこれ約10年になります。初代マネージャー、初代女性サポーター、初代FCJウェブサイト製作者、とFCJの基礎を作るのに相当な愛情と労力を注いで頂きました。各種イベントにも積極的に参加して、その屈託ない笑顔でいつも場に花を添えていただきました。寂しくなります...

もう3年前になりますか、タカオの確かな技術に裏打ちされた独自のプレースタイルはそれまでのパス一辺倒になりがちだったFCJのサッカーに新風を呼び込みました。敵陣を切り裂くドリブルでAチームの中心選手としてゴールのみならずアシストでも勝利に貢献した試合は多数、守ってもサイドバック、センターバックを難なくこなしてしまう能力の高さには驚きました。またムードメーカーとして常にポジティブな姿勢はチームに勇気を与えてくれました。若手選手のまとめ役としても貢献していただきました。ご苦労様でした。

久々に部員の心が一つになったと感じられる送別会でした。翌日の試合内容と結果にもそれが現れたと思います

皆様の帰国後のご健闘をお祈りしています。

また、幹事の菊ちゃん、色々とありがとうございました。

ハニューダ
Secret

TrackBackURL
→http://fcjnewyork.blog138.fc2.com/tb.php/15-04ac58b4