CSL 11/12シーズン 第16節 vs Stal Mielec

5/13/2012(日) : @ Bushwick Inlet Field

結果:2 - 1 (祝、初勝利!)

GK: 原
DF: 宇田、前川、ハニュウ、山中
アンカー:モコ
ボランチ: 小幡、安藤
SH: カズ、リュウ
FW: 安斉
SUB: 古市、セイジ

DSCN2545.jpg

長かったシーズンがいよいよ幕を閉じる。今節が2011/12シーズン最終戦、相手はトップチームが2部リーグで現在3位を走るポーランドの強豪Stal Mielec。今シーズン内容の濃いゲームを見せるものの、残念ながら勝利という結果に結びつける事が出来ずにいた我がFCJ Bチーム。今日はなんとしても意地の1勝を掴みたいところ。夏を感じさせる今日の太陽に負けないくらい熱い男達の最後の戦いが、今幕を開けた。

12:20分キックオフ

前半
前節同様、対強豪用のフォーメーション4-1ー4-1にて挑むFCJ。参戦メンバー不足から、体調不良を押して出場の羽生田や、同じく怪我で肩の自由が利かない小幡等、またもや満身創痍のチーム状況で挑む事になったこのゲームだが、逆にFCJいきなりのビッグチャンスからゲームが始まる。

1分:FCJ、カズが相手ゴール前にてDFを次々かわし、キーパーもかわしかけたが最後シュートは惜しくもキーパーに止められるも、まずはビッグチャンスを演出する。
3分:今度は相手の逆襲。FCJゴール前、至近距離からの強烈シュートをキーパー原がセーブ。こぼれ球を再度打たれるも、今度はDF陣が体を張ってブロック。相手にゴールを割らせない。
8分:中盤の小幡からカズ→安藤→リュウと華麗なボール回しから最後は安斉がシュートを放つも、キーパーのナイスセーブに合いゴールならず。惜しい!
9分:勢いに乗るFCJ。今度はリュウのミドルシュートが炸裂。これまた惜しいプレイで、チームをさらに勢いづかせる。
12分:センタリングからのダフり気味の相手シュートが、キーパーの逆をつきFCJゴールへ、、、やられた!と思った瞬間、ボールはゴールポストへ当たり得点ならず。FCJ、今日は運も味方につけた?
13分:左CK、リュウの蹴ったボールは鋭い軌道を描き、ゴール前の安藤へピタリ。どんぴしゃのタイミングで放たれたヘディングシュートは、、、惜しくも枠の外へ!FCJ、先制のチャンスを逃す。
17分:相手の強烈なミドルシュートを、キーパー原がスーパーセーブ!!
20分:またもや左からのCKのチャンス。キッカーは先程素晴らしいキックを披露したリュウ。今度も全く同じ鋭い軌道を描いたボールが、相手ゴール前の混戦の中で待ち構えるカズへ。ジャンプ一番、強烈なヘディングシュートがズバッと相手ゴールに突き刺さる!!FCJ、待望の先制点をゲット!!
22分:勢いそのままに、今度は本日ワントップに入った安斉がキーパーと1対1のビッグチャンスも、ここは相手キーパーのブロックに合う。
24分:FCJ左サイドをえぐられ、センタリングがゴール前の相手選手にピタリ。どんぴしゃのタイミングで放たれたヘディングシュートも、またもやキーパー原が、今度は横っ飛びのハッスルプレーでスーパーセーブ!!
36分:FKのチャンス。一度は弾かれたボールをリュウが再度シュートもゴールならず。
★その後、相手の反撃を許さず、FCJなんと今シーズン初の、前半をリードにて折り返す事に成功!

13:05分後半開始

後半
8分:キーパー原からのパントキックが相手DFを越え、直接ワントップの安斉に渡る。キーパーと再度1対1になるもゴールならず。。
9分:相手もすぐさま反撃に。FCJゴール前からの強烈なミドルシュートはバーの上へ。
10分:安斉が前線でキープからそのままミドルシュート!
15分:FCJ右サイドを突破されそのままシュートを打たれるも、キーパー原がナイスキャッチ。
16分:敵陣右サイドでリュウが相手からボール奪取。そのまま放ったシュートは、惜しくもサイドネットへ。
★ここまではお互い一進一退の試合展開。ここから勝負のラスト15分間を迎える。
32分:相手FK、危険なコース目掛けて放たれたボールがFCJゴールを襲うも、今日、守護神と呼ぶにふさわしい活躍を見せるキーパー原が、間一髪パンチングセーブ!!
35分:リュウのスルーパスが安斉に通るが、ここは惜しくもオフサイド。
★いよいよ試合時間は残り5分。スコアは1-0でFCJの1点リード。シーズン初勝利に向かい全員が執念の守りを見せる。さあ、このまま試合終了のホイッスルを聞く事ができるのかー?

40分:相手も最後の力を振り絞って総攻撃。FCJ左サイドから上げられたセンタリングが、ゴール前でフリーとなった相手選手の頭へ!ふわっと浮いたボールにFCJの誰もが反応できず、、、ボールはそのままゴールの中へ。。FCJ、なんと勝利を目前に、まさかまさかの同点ゴールを許してしまうー。。。
後半ロスタイム:しかしドラマはまだ終わってはいなかった。すでに体力、気力共に底をついていたはずの男達が見せた最後の意地。相手ゴール前での積極プレスから、カズがボールを奪取!キーパーとの1対1を冷静に見極め豪快にゴール!勝利の女神はFCJを見捨てなかった。2011/12シーズンはドラマティックな最終戦での初勝利でシーズンの幕を閉じた。

総括
選手の皆さん、初勝利おめでとうございます!同点とされたその後の皆さんの奮闘ぶり、そして諦めない姿勢、本当に感動しました。個々人で大きなミスもなく、熱さと冷静さのバランスが取れた最後まで集中したプレイが出来ていたと思います。また、2得点のカズや、何度となく絶対的なピンチを防いでくれたキーパーの原さんは今節のMVPと言っても過言ではございませんが、それでもやはり今回のこの勝利は、皆さん全員の力で勝ち取ったものだと思います。
年々リーグのレベルが上がっていく中、平均年齢が着実に上がっていく現在のFCJ Bチームにおいて、この勝利は来シーズンに繋がる、また来シーズンを戦う上での布石となる大きな一勝になったと思います。皆さん、本当に今シーズンお疲れさまでした。来シーズンまでしばしの休息を。

P,S,
今回をもちまして、このNORI”sレポートは終了となります。一年間ご覧いただきありがとうございました。時に厳しいコメントを差し上げた事もございましたが、これもひとえにFCJを愛すればこその愛のムチとご理解いただけましたら幸いです。皆さん、たくさんの勇気と感動を、ありがとうございました!では、またフィールドでお会いしましょう。

レポート:のり+
Secret

TrackBackURL
→http://fcjnewyork.blog138.fc2.com/tb.php/126-0e206892