CSL 11/12シーズン 第13節 vs Tesoro Brooklyn Kings

4/15/2012(日) : Old Boys High School

<試合結果>
B:FCJ x Tesoro Brooklyn King (0 - 2) 敗戦
A:FCJ x Tesoro Brooklyn King (0 - 12) 敗戦

DSCN2086.jpg
その他の写真はFCJ写真集をどうぞ。


<Aも、Bも同じメンバー>

GK: ライル
DF: のり、はにゅう、たけ、とうきち
ボランチ: 安藤、カズ
MF: 雪之丞、マックス、ニーニョ
FW: 安斉

SUB: 小幡、もこぬま、ゴイチ、古市


<試合経過>

後期シーズン開幕から2連敗とスタートダッシュに躓いたFCJ。
今節の相手には、前期シーズンで勝利を収めているだけに、なんとか後期初勝利を飾りたいところだが、前節同様に参戦メンバーが不足(2試合を15名で戦うことに・・・)。
今節もほとんどの選手が、この試合の前に行われたBチームの試合に出場というコンディションの中、試合が開始された。

前半

15:30キックオフ
参加選手不足の事情から、この試合ではまずDFにのりとたけを配置という、初顔合わせでのDFラインとなった事をはじめ、サイドハーフには、今シーズン初参戦となるFCJ生え抜きで期待の若手ドリブラー雪之丞を、そしてワントップには安斉という新しい布陣で試合に望んだFCJ。
立ち上がりから技術、スピード、運動量と全てに上回る相手の猛攻を受けるも、ギリギリのところで凌ぎ反撃のチャンスを伺う展開となるが、前半早々に失点、そして立て続けに2点目、3点目を喰らったところで本日はジ•エンド。
もちろん、選手達のスタミナ切れという要因は無視出来ないが、大量失点により完全に心が折れてしまい、戦意喪失状態のまま失点を重ね、気づけば前半だけで大量7失点というFCJ史上最悪の前半となった。

後半

後半、少しでもフレッシュな選手を入れ、かつ先発組を休ませる事で体力の回復を計り、なんとか一矢報いたく反撃のチャンスを伺うFCJだったが、今日の相手はそうはさせてくれない。
大量リードであるにも関わらず、最後まで一切手を抜かないプレーを披露。
FCJはなす術無く、終わってみれば0-12という、高校野球ならコールドゲーム、ラグビーなら0-100級の歴史的完敗を喫してしまった。

試合レポート:のり-
Secret

TrackBackURL
→http://fcjnewyork.blog138.fc2.com/tb.php/120-ffe80d83