■試合結果:
Bチーム 1-1DRAW 得点者:Dusan
Aチーム 4-3WIN 得点者:にーにょ、大木、ヨシタケ、高田

■総括:
Bは今期のチーム目標である「堅守速攻」を体現して、Dusanの先制ゴールで、後半の最後まで1-0でリードするも、ラストワンプレーのコーナーでの失点により、惜しくも1-1の引き分けとなりました。

また、Aは前半3-0で、こちらも「堅守速攻」を体現する素晴らしいサッカーを展開し、先制点(にーにょ)後も守備・攻撃と集中し、追加点(大木)、ダメ押し(ヨシタケ)とチャンスをきっちりものにして、前半はほぼ100点満点の内容でした。後半に入り、ラスト試合を飾るキャプテン高田のBeautifulフリーキックで4-0として、試合を決めたかと思いましたが、その後、審判の不可解なジャッジ等により、試合は荒れ始め、最後は4-3になりましたが、今期待望の初勝利をあげました!!

まずは、Bチームですが、試合前のキャプテン小幡さんの声が心に響いたのか、立ち上がりは相手の人数が少なかったこともあり、個々が堅守を意識した中盤でのプレスがはまり、また、仲間のミスをしっかりカバーすることも出来ていたので、非常にいい前半だったと思います。後半に入り、左右両サイドから何度かいい攻撃が出来ていて、後半のいい時間に先制点を取れたのですが、完全にうちのペースになっていたときに追加点を取れなかったことで、後半の最後に体力と集中力が切れてしまい、相手のパワープレーに耐えることができなかった。悔しい引き分けでしたが、勝ち点1を取ったのは大きなことです。お疲れ様でした。

改善点は、後半の疲れてきた時間での集中力の欠如を補うための声が足りないことですかね。あとは、やはりコーナーやフリーキックは失点に繋がるので、時間帯を考え、ファールをしない、出来るだけスローインに逃げるなどのリスクマネージメントを心掛ける事が大事かと思います。

Aチームは後半15分までは個・組織ともに非常にいい動きができていました。雨で非常に滑りやすいグランド状況ではありましたが、DFは集中力を高く保ち、立ち上がり5分、得点後5分などの危ない時間帯も落ち着いて処理できていたと思います。カバーリングの声も出ており、確実にマークを受け渡せていた。また、DFからの無意味なロングフィードを控え、中盤やFWに預けられるところは確実に預けて、預けられないところはCBを経由して逆サイドへ展開するなど、攻撃の起点がきちんと作れていたと思います。中盤、FWに入った後も、ダイレクトまたは数少ないタッチで裏に抜ける選手を使う意図のあるパスが出て、それをきっちりと得点に結びつけることが出来たと思います。後半も15分まではほぼ100点満点の内容だったと思います。

それ以降は審判の不可解なジャッジでリズムを崩されましたが、全体的に前ががりになってしまい、かつ、後半は中盤の運動量が落ちてることに伴い、相手が前を向いて裏へのパスが出始め、何度かピンチが続き、非常に苦しかったですが、何とか逃げ切れたのは、得点できるときにしっかりとゴールを決めたことだと思います。

改善点は、Bと同様に、後半の疲れてきた時間での集中力の欠如に伴う攻守の切り替えが遅くなっていたので、疲れたときこそ、うるさい位にお互い声を掛け合って集中力を高めましょう。

(淀)


■敢闘賞投票(敬称略)
Bチーム:
1位 木場
2位 Dusan
3位 原、赤澤、いけ

Aチーム:
1位 高田
2位 にーにょ、ヨシタケ
3位 淀