NYPD戦はA/Bともに敗戦、しかしパフォーマンスは素晴らしかったです。
この3試合を通じ、FCJの戦い方は間違っていないという手ごたえがあります。また戦い方が浸透してきていることも感じています。

B戦は0-7敗退。点差は気にしないでいいです。
気にすべきは点の取られ方。失点の多くが、ロングボールを入れられて相手にせり負ける、または、裏を取られての失点です。これを繰り返さないためには、相手にパワープレーに持ち込ませないための、前線の守備がポイント。相手SBやボランチにボールが入ったときにきちんとプレスし、パスコースを限定する。最終ラインはインターセプトするためにポジション補正する。これを90分間集中してやり続ける。
前半は出来ても、後半になると疲れて、少しずつプレスやポジショニングが甘くなります。でも、裏を取られると長い距離を走らされ、もっと疲れます。前線からアグレッシブに守備をして、疲れない守備を心がけましょう。
攻撃はくさびや裏への抜け出し等、いい場面を作れていたと思います。あと少し精度が上がれば、毎試合得点も夢じゃない。

A戦は0-1敗退。失点は僕のミスです。チームとしての守備は完璧でした。
あとはいかに点を取るか。攻撃の3つの約束事のうちで特に改善したいのは裏への動き。
ポイントはまず連続した動き。一度裏に抜けようとしてボールが出なかったとき、そこで止まらずに次はくさびに下りてきてください。逆にくさびに下りてボールが来なければ、裏に抜けてください。その連続した動きが別の人が走りこむスペースを作ることになりますし、相手もマークの受け渡しが必要になり混乱します。
それと、ゴールに向かう動き。特にサイドハーフはゴールに向かって裏に抜け出すことを考えてください。FCJにはサイドで勝負できるサイドバックがたくさんいるので、サイド攻撃はサイドバックに任せるくらいの気持ちでいいと思います。

今週末から中盤戦に入ります。現在FCJ(Aチーム)は11チーム中10位。ただ勝ち点ゼロが他にも2チームおり、今週末はその一つ、CD Iberiaとの対戦。負けられません!

両チームとも大敗でしたが、これもリーグ戦のたった一試合、人生の一幕にしか過ぎません。
気持ちを切り替えて、次戦に向けて、良い準備をしていきましょう。

振り返りと敢闘賞投票の結果は以下の通りです。

■Bチーム戦評 0-5
得点を取られたシーンは、完璧に崩されたというよりも、寄せが甘かった理由から個人で打開され、簡単に振り切られたシーンだったので、個々の意識をもう少し高く持てば、数点は防げたシーンが散見されました。
また、一番感じた/共有したいことは、“ボールの進め方”です。いくつもの選択肢があるなかで、ダイレクトでプレーするのも、2タッチ3タッチ掛けてプレーするのも、その時々の状況によって良し悪しは変わってきます。 試合を想定した日々の4-2、5-2などの練習に置き換えて考えてみると、試合または左記の練習に関わらず、いずれのケースにおいても、取り組むべきテーマは同じになるはずですので、普段から試合を想定した練習への取り組みを個々で実践していきましょう。(徳元)

CFW: 小林
CMF: 赤澤、福田
SMF: 国友、古市
V: 島野
CB: 市原、茂古沼
SB: ハガ、宇田
GK: 原

■Aチーム戦評 0-5

完敗でしたが、学ぶことの多い試合でした。なぜなら彼らがFCJのやりたい事を実践していたからです。

非常にメリハリのあるプレスをかけ、ボールを取った後の展開や裏への抜け出しが早かったです。FCJも裏への抜け出しやインターセプトへの意識など、少しずつ浸透している面もありますが、まだまだ未完成です。昨日参加した方はShamrockを一つのロールモデルとして、今後の戦い方のイメージを膨らましていきましょう。



6つの約束事の中で特に改善すべきと感じたのは、相手SBへのプレスです。相手SBにプレスをかけるのはFCJのSMFです。ただこれはSMFだけが気をつけても出来ることではありません。SMFが思い切って前に出てプレスをかけられるような状況をDFやボランチ、トップ下が作り出す必要があります。次の試合ではここを特に意識して戦いましょう。


それともう一つ気になったのはハーフタイム以降の判断力の低下です。これは私もそうですが、後半になると体力が落ちてつい、楽なこと、最初に思いついたことを選択するようになり、結果的に読まれやすい判断をしがちです。昨日の失点も全て、判断ミスでボールを奪われた後に速攻され失点しています。体力・筋力をつけるのは簡単ではありませんが、判断力(つまり脳)は睡眠や当日・ハーフタイムの栄養補給で補えるとことでもあります。幸運にもまた8試合あります。ぜひいろいろ試してみましょう。(中村洋)

CFW: 高田
CMF: 鶴見、石井
SMF: 二宮、赤澤
V: 徳元
CB: 中村洋、中村直
SB: 小島、ハガ
GK: ライル



▽Bチーム
素晴らしい試合でした。出場メンバー全員が明確なイメージを持って、それを動きで表現していたと思います。
ファーストディフェンダーの意識が高く、相手が速攻にうつせない状況を作り上げてましたし、遅攻になった時はボールの位置に合わせてメリハリのあるプレスが出来ていました。またインターセプトの意識が高く、ドリブルされても最後まで付ききっていたと思います。改善点があるとすると、相手サイドバックへのプレスです。相手との距離が開きすぎていることがあり、これでは相手から見て、脅威にはなりません。ボールが入った時点で足を出せばボールに触れられるくらいの距離まで詰めて、プレッシャーをかけるように心がけましょう。
攻撃は裏に抜ける意識が多く見られ、特にゴールに向う動きも見られたのがよかったです。そしてシュートで終わる意識も高かったと思います。後方でボールを失うことも少なかったですし、押し上げ・セカンドボールへの反応もよかったです。
さらにサブの選手が考えながら試合を観戦してくれていたことがよく伝わってきました。その証拠に選手交替での混乱がほとんど起こりませんでした。
とはいえ、やはり体力UPはまだ課題です。継続した試合/練習への参加はもとより、試合前日の過ごし方や食事などにも気を付けて万全の体調で試合に臨みましょう。
(中村洋)

CF:石井
SMF:マサキチ、カイ
CMF:赤澤、佐藤
V:とくさん
SB:中村よう、宇田
CB:中村なお、モコ
GK:Lyle
(サブ)古市、望月、宮垣、前川、ホン、小幡、Tagen

▽Aチーム
攻撃 :
前回の練習試合と比較して、両サイドを使う意識がボールの回し方からも感じられ、初戦にも拘らず、チームとしての共通認識が図れ始めていることを感じました。
サイド攻撃から点を取れたこと、また、得点以外にもチャンスを多数作れていたことは、その成果と言えるかと思います。
一方で、チームの約束事2(裏への動き)の通り、「3本のボールでゴールへ」迫るには、前線の選手が背負ってボールを受けた際は、前を向いている選手に簡単に預けることで攻撃を加速させ、
自身はもっと前線で前を向いた状態でボールを受けられるように動き直しをすれば、よりチャンスが得られるのではないだろうか‥と感じた次第です。次回のチーム課題として取り組みましょう!

守備 :
守備の共通認識を導入した初戦としては、「失点1で抑える」チームの目標が達成できたことは、大変評価できることかと思います。
一方で、マークの受け渡しの声など、もう少し活発的なコーチングがチーム全体であった方が、より失点リスクを回避できるかと思いますので、次回のチームの課題とし取り組みましょう!
また、今後は、特にチームとして取り組まなければならない約束事2(ボール位置に応じた守備)の共通認識を深めていくべく、練習・試合共に毎回徹底していきましょう。
(徳元)

CF:大木
SMF:こうじ、にーにょ
CMF:吉竹、高田
V:大塚
SB:トシ、Tagen
CB:木場、淀
GK:Lyle
(サブ)佐藤、カイ、トク、赤澤、中村なお、マサキチ、前川

▼敢闘賞
▽Bチーム:
1位 石井
2位 中村(洋)
3位 赤澤、まさきち

▽Aチーム:
1位 Lyle
2位 淀
3位 よしたけ
FC JAPAN、シーズン開幕の決起集会行う

FC JAPANは新しいシーズンの開幕に向けて、決起集会を開いた。
集会では中村洋一郎率いる新体制の新しい方針なども語られた。

The kick-off party for the new season was held to get ready for the upcoming season.
At the party, the new management, led by Yoichiro Nakamura, also discussed their goal for the season.
kick off aug 30 9
kick off aug 30 7
kick off aug 30 6
kick off aug 30 8
kick off aug 30 5
kick off aug 30 4
kick off aug 30 3
kick off aug 30 2
kick off aug 30 1