各位

週末は炎天下の試合お疲れ様でした。
久々のAチームの勝利、そしてBチームの引き分けに皆気持ちよく帰路に付いたことでしょう。

ここ最近本当に、「パスをつなごう」と言う意識が芽生えてきて良い感じです。昔のような「無責任ローングキック!誰か追っかけてね。俺はここで歩いて楽しているわ。あ、取りあえず走るフリはしないと怒られるな。あ、また来た。無責任ローングキック!もうこっち来るなよ。何かピンポンみたいに蹴り合いだなぁ~。何かFWとDFの間が遠いなー。疲れたわー。あ、また来た、無責任ローングキック!」が激減したことは評価すべき点で、自分たちの体力温存になっています。

さて、恒例のレポートです。

【Aチーム】
幸先よく、ここ最近好調のダイゴの先制ゴールでリードをするものの、不可解なレッドカード退場で、前半途中から1人少ない状況に追い込まれた。ただ、逆にこれでやることがシンプル化され、皆の目的は一致したとは言える。炎天下の中、まだか、まだか、と思う中、ダイゴが貴重な追加点。一点取り返されるものの、最後はベンチ総力戦で乗り切った。
細かい部分で一つ監督からお願いとしては、久々にFCJの悪い癖も2つ垣間見ました。
1)試合中に選手間の白熱した議論がありました。それ自体は問題ないのですが、勝っている状況で、自滅の原因になり得るので、そういう場合はなるべく冷静に話し合って下さい。またチーム方針としてポジティブに行こうと決めているので、ポジティブにお願いします。で、選手間でプレーに関する相違がある場合は(喧嘩になるので)監督に仲裁を求めに来てください(ハーフタイムミーティングで、でも)。僕の意見に従え、と言うわけではなく、一つの声を軸にしないと誰も間違っていない状況になり、纏まらないことを防ぎたい次第です。サッカーは11人の発想があり、それをどう纏めるか、と言う心理学でもあるので。
2)戦術的な声は、監督に一任していただきたいです。ベンチから応援は大歓迎ですが、指示を色々な人がベンチサイドからランダムに言う場面が多く、僕が指示出来なかったり色々言われて混乱する選手もいるので、プレーに関する指示はなるべく冷静に抑えてもらえればと思います。

【Bチーム】
ベンチが皆湧いた古市さんのゴールに始まり、ここで欲しい!と言う時に小幡さんがきちっと得意技で結果を残した。2トップが結果を残しました。他にも決定機が二回ほどあったが決められなかったのが残念。ただ、こちらもAと同様に総力戦。皆でもぎ取った勝ち点は貴重でした。試合後に少し厳しめに言いましたが、Bチームに関しては:
1)Bはエンジョイチームなので、僕が厳しく言う方がお門違いなのですが、ここ最近Bチームは非常に良い試合をしており、勝ちたい!と言う欲求も出てきていることが見て取れます。それだけに試合に出るからには、チームメートのために全力を出す、と言うことはして欲しいと感じています。そのためには、練習をするべきで、土曜の練習もエンジョイ方針なので、そこまで要求はしませんが、各自が少なくとも上手になろうとしている意識は持って貰えれば、もっと面白くなるとは感じています。

【敢闘賞】
Aチーム:2-1勝利(得点:ダイゴ2)
Bチーム:3-3引き分け(得点:古市、小幡、赤澤)

Aチーム
1)細谷
2)淀、徳元、中村武、中村直
3)原

Bチーム
1)鶴見
2)赤澤
3)島野


---------------------
FC Japan, Since 1992
2011/12 CSL Fair Play Award!
Official Website:http://fcjnewyork.blog138.fc2.com/
Official Facebook:https://www.facebook.com/pages/FC-Japan/106551796084283