皆さん

土曜日はお疲れ様でした。まさかの吹雪でAチームの試合は順延となりましたが、寒い中お疲れ様でした。
Aチームの試合は12/1日曜日に行なわれる予定です。参加者まだまだ募っていますので、奮ってご参加ください!

以下、コーチからの試合レポートと敢闘賞の発表です。

【Bチーム総括】1- 6 負け (得点:小幡)
GK:原、DF:宮垣、茂小沼、赤澤、宇田、安藤Cap、MF:常泉、細谷、高田、FW:小幡、石井
サブ:市原、小杉、鶴見、島野、福田、大木、Lyle

極寒&強風の中での試合お疲れ様でした。
試合開始から動きが鈍くいきなり3失点。チームの雰囲気が悪くなる場面もありましたが、キャプテン安藤を中心にハーフタイムに話し合い、みんなで団結しチームをポジティブに盛り上げようとしたのはとても良かったと思います。

後半に入ってから風上を予想していたが、まさかの風が止りアドヴァンテージなしでの戦いに、、、
それでもハーフタイムに話し合ってラインを上げることを皆の共通理解として、それが出来たことで押せ押せムードになったことは皆が感じれたと思います。

この時間を少しでも長く持続しつつ、疲れたときには『今、スローダウンしよう』と一声かけて自分たちのペースを作ることを心がけましょう。

結果は大差で負けてしまいましたが、スタメン全員フル出場!寒い中お疲れ様でした。

(にーにょ)



<敢闘賞>

1. 安藤 キャプテンとして気持ちの入ったプレー。劣勢の中、チームを鼓舞し続け、持ち直すきっかけを模索し続けた。
2. 赤澤 DFで体をはっていた、左右サイドのカバーリングを意識し、360度走り回った。
3. 細谷 豊富な運動量でいたるところに顔を出し、パスを受けた。守備でも体を張り相手ファールを誘い、なんとか自分達のリズムを作ろうと奮闘した。


以上!

FCJ運営委員

1461011_586242444781880_164880973_n.jpg

1401506_586242438115214_1183823442_o.jpg

737266_586242571448534_1081691237_o.jpg

1102707_586242458115212_1575723869_o.jpg

1412312_586242544781870_107648294_o.jpg



-----------------------------------
FC Japan, Since 1992
2011/12 CSL Fair Play Award!
Official Website:http://fcjnewyork.blog138.fc2.com/
Official Facebook:https://www.facebook.com/pages/FC-Japan/106551796084283
皆さん

土曜日はお疲れ様でした。リーグ上位の相手に人数不足の中、皆足をつっても必死に戦いましたが惜しくも及ばずでした。
次戦こそまた皆で力を合わせて勝ちましょう!

以下、コーチからの試合レポートと敢闘賞の発表です。

【Bチーム総括】2-5 負け (得点:安藤、石井/アシスト:安西)
GK:原、DF:赤澤Cap、茂小沼、中村よ、宇田、安藤、MF:常泉、福田、安西、FW:清水、石井
サブ:羽生田、小島、淀、小杉、鶴見、徳元、大木、二宮

寒い中ではありましたが、上位の相手に試合開始から前半終了までは勢いがあり、集中して素晴らしく良かったと思います。
良かった点は中盤から激しくプレスをかけていたこと。その闘志も行動も非常にわかりやすく、他の選手の次の動きへの合図になっていました。

今後も続けていきましょう!

後半に入って疲れからか連続3失点。前半良い試合をしていただけに残念!
後半はボールをパスした後、動きが止まっています。1歩でも2歩でも動いてパスコースを作ってあげましょう。
次戦は絶対勝ちましょう!

(にーにょ)

<敢闘賞>
1. 福田 今シーズン最高のパフォーマンス!ふくちゃんのプレスの早さ、アグレッシブさに相手の中盤もかなり嫌がってました。体格差をものともせず、激しい球際の競り合いを展開、奪われた後もすぐに奪い返しに行く姿勢はチームを奮い立たせた。
2. 安藤 試合中の声は常に一番。守備・攻撃ともフィールドを駆け回り、勝利への気持ちが滲み出ている。遠目からも常にゴールを狙い、狙い通りのスーパーミドルシュートを突き刺す。最近は落ち着いてボールを繋ぐ意識も高く、ゲームメーカーとしてのプレイが際立ってきている。
3. 石井 前線で身体を張り、時にはポスト役、時には自ら勝負するなどフォワードの仕事をきちんとこなしていた。プレーに安定感があり、パスを出しやすい場所に常に動いていた。ボレーシュートでのゴールも見事!

【Aチーム総括】0-3 負け 
GK:ライル、DF:小杉、中村よCap、羽生田、小島、淀、MF:鶴見、徳元、大木、FW:二宮、安西
サブ:安藤、赤澤、福田、石井

土曜日はお疲れ様でした。現在2位のチームを相手によく健闘したと思います。

運動量で相手に分があった為、局面局面で数的優位を作られてしまいました。ただ、中盤からのチェックが効いていたので簡単に失点を許すことはありませんでした。2失点はサイドからのセンタリングに中央で合わされてのものでしたが、最近は相手に二アサイドに入り込まれてボールに触られることが多いので、マークするときは自分の体をゴールと相手の間に入れて先にボールに触れるようポジショニングに注意しましょう。

攻撃もいつもの形が出来ず、サイドにボールが出ても相手陣内の浅いところで、そこから手詰まりの状態になってしまいました。守備から攻撃に切り替わったら直ぐ、相手の陣形が整う前にサイドに展開し、そこから少し余裕を持った状態で次の攻撃に移れるよう、Thinkingとパスからトラップの動作を一段速める意識を高めましょう。

我々のような突出した選手のいないチームは、お互いがカバーしあってポジションに関係なく攻撃も守備もこなさなければなりません。

失点はDFのせいだけではありません。得点もFWだけのおかげではありません。GKからFWまで全員が共通の意識をもてるようになればより機能するようになるはずです。

最近試合中のポジティブな声が少なく感じています。調子が良く勝っているときは自然と声も出て当然ですが、負けているときとか、誰かがミスをしたときなどに、周りの選手もしくはベンチがプレーヤーにどれだけポジティブな声をかけられるかでチームの結束力が測られるのではないでしょうか。

(文:ハニュー)

<敢闘賞>
1. 徳元 チャンスは少なかったが、そこには必ずトクさんが絡んでいた。攻めるだけでなく、守備に関しても位置取りに注意し、相手キーマンの動きを制限していた。ボールを失っても懸命に奪い返しに走っていた。
2. Lyle Keeping high performance since last game. Really super on one on one, helped out FCJ’s crises many times. Though had some difficulties at goal kick, kept trying to kick a good ball.
3. 中村よ 粘り強い守備だけでなく、試合終盤、カウンターで最後尾から前線まで何度も駆け上がり、キャプテンとして勝利への執念を見せた。
3. 淀 試合中に負傷するも、人数が少ない中、痛みに耐え攻守に必死にプレー。攻撃時には簡単にサイドにはたくプレーを徹底した。

今週末は、土曜日の夜に三度Flank Unitedとの試合です。今度こそ勝ちましょう!


---------------------------------
FC Japan, Since 1992
2011/12 CSL Fair Play Award!
Official Website:http://fcjnewyork.blog138.fc2.com/
Official Facebook:https://www.facebook.com/pages/FC-Japan/106551796084283
FCJ最古参メンバーの一人である、常泉龍社長の「リビングクエスト不動産」さまが、今季FCJのメインスポンサーに決定したことをお知らせ致します。
皆さん

今季のユニホーム制作費への御助力などを賜り、ユニホームの胸にリビングクエスト不動産さまのロゴを入れさせていただくこととなります。

本当にありがとうございます!

http://livingquestny.com/index.html


1395249_573612656044859_858648249_n.jpg



-------------------------------------
FC Japan, Since 1992
2011/12 CSL Fair Play Award!
Official Website:http://fcjnewyork.blog138.fc2.com/
Official Facebook:https://www.facebook.com/pages/FC-Japan/106551796084283

皆さん

土曜日はお疲れ様でした。
新ユニフォームデビュー戦、是が非でも勝ちたかったですが、惜しくも引き分けとなりました。
以下、コーチからの試合レポートと敢闘賞の発表です。

【Aチーム総括】1-1 引き分け (得点:大木、アシスト:徳元)
GK:ライル、DF:小杉、土居、羽生田、安藤、淀Cap、MF:鶴見、徳元、大木、FW:二宮、安西
サブ:石井、島野、原、常泉、赤澤
応援:モコ、セイジ

土曜日はお疲れ様でした。前の練習試合では大量得失点の大味な試合でしたが、今回は攻守共に引き締めて、拮抗した良い試合となりました。
サブのメンバーも含めて、皆がアップのときからしっかりと準備して、選手が交代しても集中力を切らすことなく90分間戦うことができたのは良かったと思います。
FCJの先制点はサイド攻撃から生まれました、何度も口をすっぱくして言いますが、一番有効な攻撃はサイドからです。これは最近の得点パターンにも現れています、ここ最近、中央からの攻撃で得点はおろかシュートまで行った記憶すらありませんからね。
逆に失点は中央でボールを奪われてからのものでした、これも繰り返し言っていることですが、自陣ではなるべく中央を避けてサイドでプレーすることを徹底しましょう。

今後の改善点としては、
1.味方選手に、フリー、TurnもしくはManOn、と声をかけてあげましょう。この一言だけでかなり助かります!
2.試合前のアップから緊張感を持たせる。これも影響します!これからもっと冷え込んでくるので皆さん体調管理に気をつけてください。

(文:ハニュー)

寒い中での試合でしたが開始10分早々に左サイドを徳元が個人技で突破からのセンターリングに大木のドンピシャボレーで先制!良いスタートをきったFCJでしたが、その後、寒さのせかボールを失う事が多くミスから簡単に失点をされてしまい、そこから両者互角の試合展開で最後までゴール出来ず同点のまま終了。いつものFCJであれば最後逆転をされるケースが多いが皆で良く踏ん張ったと思います。1ポイントゲット出来たことは良かったと思います。みんなで攻撃パターンを意識して次の段階へステップアップしていきましょう!

(文:にーにょ)

敢闘賞
1. 大木 誰よりも早くフィールドに来て、充分なウォームアップをしていました。そのかいあってのスーパーボレーでの待望の一得点。中盤でも体を張ってボールをキープ、守備もよくがんばった。この調子で得点量産を期待!
2. 土居 同点で終わったのは彼のおかげと言っても過言ではない。フィジカルの強い相手にタイトに付き、身体を張り、裏へ抜けたボールは絶妙な読みでカバーリングしていた。積極的に声も出し、素晴らしいパフォーマンス!残り3試合?思う存分闘って欲しい。
3. 小杉 球際の競り合いにことごとく勝ち、自らドリブルで勝負を仕掛け、右サイドの脅威となっていた。積極的な姿勢でチーム最多のシュートを放った。守備もしっかりとこなし、相手の挑発にも落ちついて対応。

以上!

FCJ運営委員



1457546_577268525679272_1205453547_n.jpg



---------------------------------------------------
FC Japan, Since 1992
2011/12 CSL Fair Play Award!
Official Website:http://fcjnewyork.blog138.fc2.com/
Official Facebook:https://www.facebook.com/pages/FC-Japan/106551796084283

お疲れ様です。

前節から間が空き、あの良い雰囲気が断ち切られたのでしょうか?カップ戦以降少々緩んでいる気がしていましたが、久々の敗戦でしたね。気を取り直して今年数試合取り組みましょう。

敢闘賞投票ですが、今季より勝利をした場合は敢闘賞ポイント2倍でしたが、4失点差以上の敗退時はポイントを半減します。ぴりっとして行きましょう!
(中村た)

【Aチーム総括】0-8
日曜日はお疲れ様でした、3週間ぶりのリーグ戦で少し気が抜けていたのでしょうか、なすすべなく大量失点での残念な敗戦となりました。トラップがずれたり、パスが浮いてしまったり、といった細かいところでのミスが重なって自分たちのサッカーが思うように出来ず、集中力を徐々に失っていったことも重なって、点差は開いてしまいましたが、決して力の差がそこまであったとは思いません。ただ相手の徹底したサイドからの攻撃は良いお手本としましょう。
今後の改善点としては、1. 2タッチプレーを意識して、トラップからパスまたはシュートへの動作と、判断力を高める!2. 攻守の切り替えをもっと早くする、味方ボールもしくは相手ボールになる前から、先の場面を予測して次の動作に移る!
3. 寒い中せっかく時間を割いてサッカーをやりに来てるんだからもっと楽しむ!!!以上です。
(文:ハニュー)

GK:ライル、DF:小杉、土居、中村よ、小島、淀、MF:鶴見、徳本、細谷、FW:二宮、安西
サブ:大木、小林、羽生田

敢闘賞(総ノミネート選手数7名):
•1位:徳本(チームの起点には常にとくさんがいた。苦しい状況の中なんとかボールを回そうと最後までチームのサッカーをしようとしてい た。)
•2位:中村よ(低調なチームの中で黙々と自分の役割をこなした、今後更なるリーダーシップに期待)
•3位:二宮(冷静に戦況を見極め、ポストプレーと裏への抜け出しでチャンスを演出。ひいて来ないといけない場面が多い中、根気よくチャンスをねらっていた)
•3位:鶴見(声を出し、一番走っていた。もっとかれに早くパスを出せるようにしたい。ディフェンスからオフェンスまで全てに絡んでいました。トップにボールが入るといち早くサポートに入る早さは見事です。)

【Bチーム総括】0-5負け
フィジカル、技術、チーム力共に格上の相手で力の差を感じさせられる試合でした。
そんな中、フォアード石井さんを中心に何度か得点チャンスはありました。良い形もパスのつながる良いプレーもありました。
特に無理をせずボールを大事にしている時に3本はつながっています。ボールに関わっていない選手がまだまだ多いですね。もっと貪欲にボールをもらう声があればもっとボールは繋がると思います。
ディフェンスに関しては技術的に勝る相手選手に対して真っ向から勝負するのではなく、その選手にボールを渡さないように心がけましょう。
そのためにはマークとの距離を近くして『狙ってる』と意思表示するだけでもパサーからすれば出すのを躊躇するものです。
パスがその相手に出たとしても相手の背中に触れるだけで振り向いて抜きにこようとしない場合が良くあります。良いディフェンダーはボールを相手から奪うだけではありません。相手に仕事をさせないことが良いディフェンダーです。意識してプレーする様にしましょう。(文:にーにょ)

敢闘賞(総ノミネート選手数8名):
1.石井(フル出場!皆に率先して指示を出し勝ちたい気持ちが伝わった。得点のにおいがプンプンしました。次戦に期待。チャンスには必ずといっていいほど絡む。前線でのプレス、中盤でのプレスにも大活躍。)
2.小林(アップ、試合中の声と、キャプテンとしてチームを盛り上げる役をきちんと行った。前線から守備の意識が高く声も最後まで出していました。)
3.福田(なれない中盤で最初は戸惑っていたものの、慣れたらいつもの闘志溢れるふくちゃんプレイでチームに貢献。嫁さんと娘さんが見守る中、パ パさん頑張りました!試合をとおして豊富な運動量、プレスのかけ方が、とにかくよかった。この二人を周囲がもっと生かせればよかった。)

以上!

FCJ運営委員


1399152_577466482326143_1706911843_o.jpg

996947_577466338992824_1888913533_n.jpg

1404930_577466395659485_195509254_o.jpg

1382851_577466332326158_81979312_n.jpg

1456032_577466315659493_1434933921_n.jpg



------------------------------------------
FC Japan, Since 1992
2011/12 CSL Fair Play Award!
Official Website:http://fcjnewyork.blog138.fc2.com/
Official Facebook:https://www.facebook.com/pages/FC-Japan/106551796084283