現在、順位は下から3番目、相手は最下位。勝たなくてはいけない試合だった。

相手が選手が足りないため、Bの試合はキャンセルされ、FCJも久しぶりに選手フレッシュで試合を始めることができた。

キックオフからプレッシャーを前からかけるのに集中し、いい流れが作れたと思うと、ロングパス一本で相手のフォワードにパスが入ったところをファウルしてしまい、PK。 0−1のスタート。

立ち上げ時ということもあり、あまり怯むことなくリースタートしたら、すぐにFCJにもチャンスが巡ってきた、相手陣地でボールを奪うとニーノが素早くスルーパスを通し、DFの裏を抜けたシゲが追いつき、同点に戻す。

それからはいい流れが続き、FCJのゴールラッシュが始まった。
シゲからのパスを受けたコウジが鮮やかにダイレクトで決めて2−1。
ショートコーナーを赤沢がスルーし、オバニーが決め、3−1。
コウジからの縦パスをシゲが右サイドでもらい、ペナに入るとニアにシュートを決め、4−1。

3点差、こっちの流れ、このままハーフを迎えればよかったが、終了間際にDFがクリアしたボールを相手が拾い、ロングシュートを決められ、4−2でハーフ。

2点差でパニックする必要はないが、昔から2点差はとても怖いと言う言い伝えがあり、その意味が良く分かった。

後半は相手の横パスに振られつつ、徐々にFCJの体力のなさが明らかになった。
前からのプレッシャーが乱れ始め、相手のロングパスが次々と通り、試合は相手のペースにどんどんなった。

時間が過ぎていくことに相手のチャンスが増え、サイドを突破されたり、スルーパスが通されたり、DFは裏を取られていった。
その中、相手の追加点はライルがキャッチしたと思われたクロスを相手が押し込み、4−3。
ショック状態のFCJは知らぬ間にもう一点決められ、同点。

必死に攻撃の形を作ろうとするFCJだが、最後はDFの裏へのスルーパスが通り、相手に決められまさかの逆転。

それからはFCJも少しは生き返り、チャンスはあった。 シゲのシュートがポストに当たってノリが押し込もうとがんばったり、必死にセンタリングを入れてくれたアンドウ、コウジ、オバニー、セイジ。
終了間際にはニーノのクロスをシゲが決め、「同点!!」と一瞬思いきや、オフサイド判定で試合終了。

言い訳はしたくなるのは分かるが、最終的には3点差を無駄にしてしまった僕たちの責任だ。
誰一人が問題ではなく、チームとして反省するべきだ。

キャプテンとしては反省するべきところは多いがこれだけは最終戦の前に修正したいと思う。
*試合の流れがよくない時、点を決められた後、励ましの声も必要だが、「カツ」を入れる声も必要だ。
 
  「大丈夫」、「次」などの気休めの言葉だけでは試合の流れは変えられない。

勝たなくてはいけない試合を負けてしまった。その結果、次の試合は絶対に勝たなくてはいけない。これは自分たちのおこした結末である。
最終戦でもあるので、先週末の試合の反省する点を反省し、もう一度気を引き締め、最後の試合に挑みましょう。

最後に、試合に来てくれたのに試合に出なかったが、応援してくれた方々。本当にありがとうございました。
皆さんの応援はとても心強く、皆さんのために勝てず、本当に悔しいです。

文責:青江
Rockland United Soccer Club主催のチャリティマッチにFC Japanが、小幡監督主導のもと、Team Japan NYCなど周囲の日本人チームにも声を掛け、参加いたしました。全4チームによるミニ大会で、参加料はすべて「Doctors without Borders」に寄付されます。

bhlim.jpg

FCJ各位

5月8日ですが、リーグ戦はAの試合のみ行われます。(Bの試合は相手チームがキャンセルしました)
尚、チャリティーマッチは、予定通り行われます。

集合等、以下のように変更します。

*試合開始:10:00AM Aのみ
*集合:(現地):9:00AM (McC・45th&Lex)8:45AM

普段、Bの試合に出場している方で、今回参加を表明している方もAの試合に出場しますので用意をしてきてください。


宜しくお願いします。

小幡
A Team: 結果報告

タテ兄の最後の試合に続いて、日下氏の最終戦。

DSC_0373.jpg
<FCJのほかの写真はこちら

結果も同じように行くと信じて試合に入りたいFCJ11だが、大半の選手は2試合目...

立ち上がりから相手のパス回しに対し必死に守るFCJ。
前からのプレッシャーを意識して相手にミスを待った結果、中盤でボールを奪ったニイノがすばやくスルーパスを通し、シゲがDFラインを抜け、2試合連続の先取点。
基点のサイドはコウジとノリが攻守でも頑張り、二試合目とは思わない頑張りを見せ、前からのプレッシャーをかけ続けた。
中盤のセイジとアカザワが守備ライン前を守り、必死に相手の攻撃を防いだ。
だが、時間がたつことによりチームの体力消耗が明らかになり始め、プレッシャーに緩んだら相手に決められてハーフタイムは1-1。

FCJ一丸と前半についての意見を出し合い、後半へのカツを入れた。

後半立ち上げ時はハーフの休息の効果があり、良い出だしで、バックラインのカズ、ハニュー、山ティー、日下のバックラインでボールを回す場面も多かった。
ボールを回している時間があり、良いテンポを作れたが、体力が減り、やはり相手のロングボールとカウンターで知らずと3-1。
コウジからのパスをシゲとノリがスルーし、セイジが華麗な一点を取り返し一時的に3-2に戻すが、相手の攻撃は止めれず、試合がどんどん離れていった。

最期はコウジの頑張り(演技?)PKを得ると、即、日下にバトンタッチ。
勝利をプレゼントできなかったのは悔しいが、最後の試合に点を決めれた記憶だけを日本へと持って帰ってくれればと願い、日下がクールにPKを決めた。

DSC_0392.jpg
<FCJのほかの写真はこちら

結果的には負けたがDFラインでのパス回し、中盤との連携、良い場面を多く、次の試合にもう少し選手が来れれば良い結果になると確信できた。

DSC_0391.jpg
<FCJのほかの写真はこちら

青江
5月01日 日曜  リーグ戦  ウクライナとの原発ダービー

皐月吉日 あさ8時 青空のブルックリン 所はいつものマッカラン。
いくぞ 漢ども Bチーム 相手はチェルノブイィのウクライナ。

DSC_0358.jpg DSC_0347.jpg
<他の写真はこちら

今日はクサカッチの送別壮行試合 みんなの意気は高い が 集まりは悪い。
こうなりゃ総力戦の4141(F1 別名 福島第一特攻隊)

ライル 宇田 五味 モコ カズ 山ティー 三好 田口 前川 コージ ノリ
アップがわりの ニーニョ ハニュー アカちゃん クサカ100ベクレルの逐次投入

ニーニョのボレー(涙) ハニューのバー直撃(涙) 前川のチョロ(涙) 20KM強制避難(涙)
ノリ リスタートからのセンターリングをPA内でDFを右アウトサイドで振り切り 1得点
カズ、田口が各個被爆8シーベル(非紳士的行為で即死 または日本語ではレッドカード)

結果 1対3(0:2)の負け

「いますぐ影響はない」 が この負けはイタイ

モコ