先日2015−16年シーズンのくくりとして納会が行われました。35名以上のFCJメンバーがミッドタウンイーストのタイレストランに集まり大いに盛り上がりました!さらに帰国される鄭さんの送別会でもありました。


13765940_1136407186432067_1645720644435234247_o.jpg


毎年恒例の各受賞者は以下の通りとなりました。

得点王
Aチーム:ニーニョ、こうじ
Bチーム:マッキー、キヨ

新人王
くぼじゅん

敢闘賞
Aチーム:ゆうたろう
Bチーム:はにゅう、マッキー、中村たけ

参加率
川端、ニーニョ

スペシャル監督賞
増井


13708152_1136406913098761_4235567683559908391_o.jpg


13731968_1136406933098759_952344495144346653_o.jpg


13723871_1136407079765411_575515951892842028_o.jpg

2015-16シーズンのラストゲームが行われました。Bチームはリーグ2位の強豪相手に粘り強く戦い、最後まで接戦してました。Aチームも苦手な相手にも関わらず、最近できあがってきている素早いカウンターで幾度もチャンスを作ることができてました。この形をもっと磨いていけば来シーズンは良い結果がついてくるでしょう!

今年も本当にお疲れ様でした!

13116360_1083937825012337_1069877394622756665_o.jpg

13217519_1083937815012338_3711320593674934246_o.jpg

13247738_1083937895012330_2406229783566995929_o.jpg

13247679_1083322038407249_8325879028004618485_o.jpg

13247924_1083322171740569_2425218440072771536_o (1)



Bチーム
スコア:0 - 2


スタメン
FW:生駒
MF:景山/牧野/鷲尾/薗田/カイ
DF:大久保/羽生/茂古沼/宇田
GK:鄭

途中出場
ツワン/ハンセン/古市/森

敢闘賞
1位:生駒
2位:牧野
3位:森

コメント
1.生駒: 前線でよく顔出し、きちんと繋ぎ、ゴール前では勝負してチャンスを作っていた。
2.マッキー: 裏への動きのタイミングが良く、チームの突破口となっていた。そしてAでの試合でもキーパーとして大活躍!
3.鄭: スーパーセーブ連発!そしてなに後ろからの声出しでチームを纏めていた。

1.マッキー:攻守ともに気持ちの入ったプレーでチームを引っ張り、チャンスを作っていた。
2.カゲ:キャプテンとして一番声を出し、チームを引っ張っていた。
3.はにゅうさん:堅実かつ力強いディフェンスは、めちゃくちゃ頼もしかった!

1.仁くん:攻守の要、フィジカルでも当たり負けすることなくボールを失わない。益々の出席率上昇が待ち遠しい。
2.ハニュウ:ディフェンス中央での安定感
3.キヨ:スペースに抜け出てチャンスメイク多数、あとは決定力か。

1.生駒:怪我からの復帰戦になったが、前線で最後までボールを追いかける姿勢は変わっておらず、相手の脅威になっていた
2.鄭:久しぶりの参戦だったが、セービング・キック・声出し全てで安定したパフォーマンスを発揮
3.カゲ:A/Bともに中盤での積極的なプレスでチームに大きく貢献。ラストゲームお疲れ様でした!

1.生駒:ゴールめがけよく走っていた
2.鷲尾:右サイドよりチャンス創出
3.かい:慣れないボランチで悩みながらも粘り強くプレー

1.牧野さん ラストゲームお疲れ様でした。Bでは前線でボールキープに貢献、Aチームでキーパーでフル出場。
2.じんさん 強いフィジカルとボールコントロールでチームに貢献した。
3.そのPさん シーズン半ばでの監督交代・着任で大変だったと思うが最後までチームを纏め上げ、牽引してくれた。お疲れ様でした。

1.牧野:自身最後の試合であることもあり、いつも以上に気合の入ったプレーを見せていた。Aでもキーパーでフル出場し、貢献度が高かった。
2.羽生:ルーズボールの処理がうまく、攻撃につながるパスを何度も出していた。
3.生駒:久々の実戦復帰ながら、相変わらずの豊富な運動量で前線での基点となった。

1.きよさん:最前線でキープ・惜しいシュートと攻撃の要になっていた。
2.かげ:攻守によく絡んでいた。
3.まっきーさん:トップ下、前線でボールをよく繋いだ。

1.羽生:最終ラインの安定感
2.森 :羽生さんとの最終ラインは安心できる
3.薗田:中盤でよくボールを拾った。

1.生駒:怪我明けなのによく走って、攻撃シーンを多く演出した。
2.仁:ディフェンスの安定感はとても大きく、守備を落ち着かせてくれた。
3.牧野:最後の試合、得点こそでなかったものの、多くのボールに絡みよく仕事をした。



Aチーム
スコア:1 - 4

得点:鶴見

スタメン
FW:川端
MF:島田/鶴見/二宮/大塚/増井
DF:小鹿/中村(洋)/河西/義原
GK:牧野

途中出場
景山/森

敢闘賞
1位:鶴見
2位:牧野
3位:島田

コメント
1.ゆーたろー: 粘り強い守りのお陰で中盤での戦いは相手に勝っていた。そしてボールを持っても落ち着いたプレイで繋ぎ役としても活躍。後半疲れている時間帯でも全速力で守りに戻っていたのが印象深い。
2&3.とし&よーさん: 裏へ放り込んでくる相手だったがよく対応していた。そしてラインを常に高く保ってくれたお陰でチーム全体が高い位置でプレイできてた。

1.マッキー:急きょキーパーでフル出場も、本職顔負けのプレーで幾度もチームを救ってくれた。
2.こうじ:無尽蔵のスタミナで前線からの守備、また攻撃の起点となるなど存在感抜群。ナイスゴール!
3.ゆうたろう:いつみてもあの中盤でのディフェンスは惚れ惚れする。勉強しないでサッカーだけやってたら、、、?

1.バタさん:ゴール前へ決定的パス供給
2.洋さん:決定的シーンを幾度とゴール前でブロック、1対1での強さも発揮
3.ユータロー:中盤の底でスピードある相手にも粘り強く対応、ボール奪取力光る。

1.まっきー:B出場後、トラブルによる急なキーパー出場にも関わらず安定したパフォーマンスを発揮。最終戦になってしまうことが惜しい!!
2.増井:慣れないボランチでバランス面での課題はあったが、いつもの通りチーム全体への声出しと、ゴール前まで上がる積極性で複数回チャンスを演出
3.こうじ:中盤での運動量で攻守に渡り貢献。左足を振り抜いたゴールは見事

1.増井:久々ボランチで声も含め積極的なプレーを好感
2.牧野:またしても急遽キーパー請負い、安定していた。
3.義原:最後は朽ち果てたがキャプテンとして集中力あるプレー

1.ニーニョさん 右サイドでボールを持った際に果敢にドリブルで仕掛けてチャンスを作った。パスが中心のチームの中で、ドリブルでリズムを作ってくれる。
2.川端さん ワントップとしてクサビのボールを確実に押さえ前線でのボールキープに貢献。オフ中に連携を高め、ゴールパターンを確率していきたい。
3.こうじさん ナイスゴール!2列目から飛び出してフリーでのシュートを確実に決めた。

1.島田:足の速さを活かしてドリブルで何度か相手を抜き去り、左サイドからのチャンスを演出した。
2.大塚:しつこく相手についていき、必ず最後には足を出して相手の好きにはさせないディフェンスは素晴らしく、リーグ戦を通して大きく貢献した。
3.増井:慣れないボランチで出場しながらも、パスをサイドに散らし、大事な場面で最後まで走りきり、相手を潰した。

1.ぐり:コージさんへのアシスト含め、左サイドでよく起点になった。
2.コージさん:ナイスゴール。得点時含め、裏への意識が高かった。
3.ばたさん:よく右サイドに流れ、クロス・キープで全体を助けた。

1.鶴見:得点で流れを呼び込んだ。
2.牧野:4失点はあるものの、チームに貢献。
3.増井:慣れないポジションであったが、無難に対応。

1.鶴見:豊富な運動量で前半からのプレスが効いていたし、すばらしいシュートで1得点を挙げる功績。
2.島田:前節から大きくプレイを改善し、多くの攻撃シーンに参加した。
3.川端:横に開いてクロスを上げ、島田が中に入ってくる展開は、とても得点のにおいがするよい攻撃パターンだった。
今週もABともに接戦でした。Bは0-3から3-3に追いついたものの、後一歩で敗戦。Aも後半まで互角な戦いをしましたが惜しくも負けてしまいました。

守備も纏まってきましたし、攻撃の形もできてきてるので後一歩というところに来てます!

13047818_1078570598882393_3392517609655831604_o.jpg

13123304_1078570812215705_797793442628616707_o.jpg

13131442_1078571355548984_6725868422607483157_o.jpg

13173264_1078571202215666_4844849236342897221_o.jpg



Bチーム

スコア 3 - 4



スタメン

FW:牧野

MF:大久保/景山/ツワン/ ハンセン/薗田/福田

DF:国友/羽生田/茂古沼/鷲尾

GK:二宮

途中出場

常泉/森/ハンセン


敢闘賞

1位:牧野
2位:福田
3位:二宮


コメント

1.牧野:ゴールに加えてPK獲得と大活躍。
2.常泉:運動量豊富でチャンス演出。
3.二宮:ナイスセーブ連発!

1.福田:ループシュート綺麗だった。
2.影山:初得点おめでとう。チームのためにいつもよく走って貢献している。
3.ハンセン:右サイドよく走ってチームに貢献していた。

1.ふくさん:ビューティフルループ含め、攻撃のトリガーになっていた。
2.にーにょさん:ナイスセーブ連発
3.りゅうさん:ドリブルでよく相手を崩していた

1.牧野:ナイスゴール!そして前線で沢山のチャンスを演出。来週の最終節でのさらなる活躍を期待したい。
2.にーにょ・川端:急造キーパーにも関わらず沢山のピンチを救ってくれた!ありがとう!!
3.りゅう:惜しい飛び出しやシュートを連発。時節は是非決めてほしい。

1.マッキー:ワントップとして素晴らしい結果
2.ニーニョさん:臨時のゴールキーパーでスーパーセーブを連発
3.羽生さん:攻守に最大限貢献

1.羽生:失点はあるものの、最後の砦として奮闘
2.牧野:同点に追いつくゴールは感動モノ
3.福田:前半の1点が後半に勢いをもたらす。後ろからの飛び出しは見事。

1.常泉:前線での仕掛け、ボールが収まるポイントになっていてチャンスメークに大きく貢献
2.森:対人の強さと、足元の安定感が光っていた
3.牧野:ナイスゴール&PK獲得にも絡む大活躍でした

1.まっきー:1ゴールとPK獲得。ボールの受けてとしての役割もこなし、FWとしての役割を十二分に果たしていた。
2.福さん:福さんが前を向いてボールを持つとチャンスになっていた。自らも1ゴール。
3.はにゅーさん:安定した守備。対人も勝っていたし、カバーリングも的確でまさに守備の柱。

1.二宮:急なミッションにも嫌な顔ひとつせずファインセーブ連発
2.大久保:キャプテンをまっとう、シュートを放つなどプレーにも積極性
3.福田:攻守の基点となっていた。得点の決定力も素晴らしい

1.牧野:2点に絡む等チームへの貢献が高く、特に自身のゴールは、最後まで走りきった結果によるもので素晴らしかった。
2.森:DFとFWの両方のポジションをこなし、率先してボールを落ち着かせようとチームを牽引していた。
3.福田:オフサイドにならないよう斜め方向に走り出し、最後はキーパーをよく見た落ち着いたシュートで美しいゴールだった。

1.マッキー:前線起点として機能、貴重なゴールも
2.龍君:中盤で豊富な運動量でボールに絡み、ゴールへの意識も高い



Aチーム

スコア 1 - 4



スタメン

FW:川端

MF:島田/鶴見/二宮/大塚/池之上

DF:小鹿/河西/中村(洋)/義原

GK:牧野

途中出場

景山/森


敢闘賞

1位:川端
2位:大塚
3位:中村(洋)



コメント

1.川端:ナイスゴール!
2.大塚:ボール奪取する力を存分に生かした。
3.義原:安定した守備。

1.川端:スーパートラップからのビューティフルゴール。Premiereクラス!
2.大塚:フィジカルに負けないFCJのボランチの要。今回も利いていた。
3.池之上:今回もっとも声を出してチームを率いていた。

1.ばたさん:スーパートラップからのまた抜きゴール
2.ゆうたろうくん:FCJのガットゥーゾ
3.じんさん:B含め複数ポジションで活躍

1大塚:キャプテンとして良くを声を出し、中盤でもしっかりプレスを掛け聞いていた。守備に回る時間が多い試合展開だったが良く動けていた。
2.川端:すばらしい同点ゴール。ワントラップからのシュートは完璧でした。
3.宇田:最後までゴール裏でクリアボールを拾ったりチームを支えてくれた。いつも感謝です。

1.川端:失点直後の得点はチームに活気を与えた。
2.大塚:ボランチでありながら中盤全体を守備範囲に高いボール奪取率をみせた。
3.中村(洋):競り合い、カバーリングと安定感あり

1.川端:神トラップからナイスゴール
2.中村洋:相手がロングボールを多用する中で空中戦の強さが目立っていた
3.義原:ナイスアシスト&守備でも相手サイドハーフをしっかり抑えていた

1.ゆうたろう:中盤での運動量・ボール奪取率はさすが。攻撃面での貢献アップも今後期待したい
2.洋さん:DFラインの統率力、周囲への建設的なアドバイスは貢献大
3.まっきー:B出場に続き、キーパーでのフル出場でチームに貢献

1.よっしーさん:タイミングのいいオーバーラップからゴールをアシスト。守備も安定していた。
2.ばたさん:トップスピードで後ろからの浮き球を上手くトラップしてゴール。ボールの受け手としても奮闘。
3.ゆーたろう:一試合通して相手に負けない気持ちとフィジカルで戦っていた。

1.牧野:急なお願いにも快く引き受け、シュートによく反応
2.大塚:変わらず水面下での攻守の功労者
3.川端:素晴らしいゴールと安定したポストプレー健在

1.中村(洋):センターバックとして適切にポジションニングの指示を出し、カバーリングもよかった。
2.川端:絶妙なトラップからのゴールと、前線でのボールキープで攻撃の形を作った。
3.大塚:体を張った守備でボールを奪いきり、相手のチャンスを幾度もなく潰した。

1.バタさん:試合を重ねる度にフィジカル面での対応能力の高さを感じさせるボディバランス、ボールを失わない。
2.洋さん:相変わらずの鋭い読み、出足でゴール前で跳ね返す能力の高さが光ります。
3.ニーニョ:すっかり右サイドで攻撃パターン、起点として定着した印象で、相手にとって脅威となっている。

1.とし: いつも通りの安定した守りでチームを安定させつつ、後半には積極的に攻撃に参加して幾度もチャンスに絡んでいた。
2.ゆーたろー: 攻められる時間帯が多い中、しつこく相手に食らいつき、なんども中盤で相手の攻めを阻止していた。警告をもらうくらいの勢いでボールを取りに行くのはチームも見習えるところ。だが2枚もらわないように気をつけよう。
3.川端: 見事なゴール!川端ゴールラッシュの始まりか?
2016.05.09 FCJ Photos
FCJの写真はFacebookページにてご覧になれます!

試合や練習の様子、そしてイベントなどの写真もありますので是非ともご覧になってください。

FCJ Photos



悪天候、そして人数不足の中チーム一丸となって戦いましたが残念ながら結果には恵まれませんでした。

Aの試合では前半にショートコーナーからの流れで鶴見が押し込み先制点を奪ったが、その後追加点が最後の15分で2点入れられ逆転されてしまいました。追加点で相手にとどめをさせなかったのが勝敗を分けたのでしょう。

しかしチャンスは何度もありましたし、ゴールを取れるという自信もついてきたのでこのまま続けていきましょう!

13131538_1073959616010158_2312354594306798466_o.jpg



Bチーム
スコア 0 - 6


スタメン
FW:牧野
MF:国友/島田/ ハンセン/増井/鷲尾
DF:宮垣/羽生田/小杉/中村(武)
GK:江守

途中出場
古市/川端/池之上/ライル/二宮/大塚/江守

敢闘賞
1位:牧野
2位:宮垣/国友/羽生田

コメント
1.牧野:前線で基点となり、得点チャンスを演出
2.宮垣:フル出場かつ運動量も豊富であった
3.鷲尾:足を攣って途中退場も、再出場で貢献

1.江森 Aでレッドカードを食らっていたが、熱い闘志の表れとも言える 
2.カズ 久しぶりの出場ながらも、チームの守備に大きく貢献した
3.カイ 古チームとの対戦だが、良く来てくれた

1.かい(国友):戦う姿勢がGood!冷静さを身につければ更に上達すること間違いなし。
2.牧野さん:あの牧野さんがフル出場。素晴らしい。
3.宮垣さん:シンプルなプレーで何度か再度でいい形を作っていた。

1.はにゅうさん:声を出しDF全体をまとめた。相手の攻撃をよく跳ね返した。
2.まっきーさん:90分間繋ぎ役として役割を果たした。
3.ばたさん・いけちゃん:途中出場で流れを変えた。

1.ハニュウ:90分間集中切らさず精神的支柱
2.カイ:サイドで攻守にわたり運動量発揮

1.宮垣:人数が足りない中、久しぶりの試合だったが最後まで運動量が落ちず役割を全うした。
2.江守:キーパー&フィールドでフル稼働。
3.牧野:フォワードでのびのびとプレー。


Aチーム
スコア 1 - 3


スタメン
FW:川端
MF:中村(武)/牧野/二宮/大塚/池之上
DF:江守/小杉/増井/島田
GK:ライル

途中出場
鶴見/中村(洋)/国友

敢闘賞
1位:大塚/島田
2位:中村(洋)/二宮

コメント
1. にーにょ: 右サイドから何度も良い形を作り相手の脅威になっていた。後半最前線に上がってもチャンスに絡みゴールへの執着心が見えた。プレイ以外にもチームに的確な指示とアドバイスを与えるなどしてチームが纏まったサッカーをすることに貢献していた。
2. Lyle: Super saves again. Kept the team in the game for most of the match!
3. 川端: タイミング良い顔出しと早いテンポでボールを裁いたお陰でチームの攻守切り替えが早いサッカーができた。チャンスも何度かあったので、次戦でのゴールは期待できるはず!

1.こうじ:勢いをつける先制点
2.島田:キープレイヤーを抑えると同時に、複数ポジションで貢献
3.ライル:ナイスセーブ

1.大塚 危ない場面で常に体を張って危険を潰してくれた
2.増井 90分以上の出場にも体力を切らさず、守りきった 
3.川端 惜しいゴールを連発

1.島田:テクニックとスピードのある相手に対して粘り強く対応できていた。
2.大塚さん:DFとMFのコミュニケーションの橋渡し役として機能していた。
3.中村(洋):敵の攻撃を予測して、的確に攻撃の芽を摘んでいた。

1.いけちゃん:ショートコーナー含め、よくボールに絡んだ。
2.ゆうたろうくん:自陣ライン深くまでよくフォローしていた。
3.コージさん:得点、その後もよくチャンスに絡んだ。

1.ニーニョ:右サイドで攻撃起点となり、ショートコーナーでもゴール呼び込むシュート
2.洋さん:タイトスケジュールの中参加頂き、中央ディフェンスで相変わらずの詰めの良さ、インターセプト多数
3.バタさん:相手の厳しいマークを受けながら、ボールを失わない足許。惜しいヘディング、左足シュートもあり。

1.中村(洋):相手の攻撃を跳ね返す1対1の強さはさすが。逆転されてからもチームを鼓舞。
2.島田:前半は相手のエースを完璧に封じた。
3.川端:ボールを奪った後の出し所が少ない中で、動きの量とタイミングに助けられる。